日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和36年]ハナ肇とクレージーキャッツの「スーダラ節」

スーダラ節

夢や希望をを与えてくれる人も大事ですが…
現実の厳しさや苦しさを、面等向かって言い切る人も大事ですね。
人は、罪を犯しやすく、腐りやすい弱い面を持っています。
方や「駄目で元々、失敗したらごめんなさいよ」と、
楽天的に振る舞える強さや、大らかさを持っているのも人間です。


戦後、遮二無二働いた日本は、1956年(昭和31年)7月、
発表された経済白書で「もはや戦後ではない」との結びの言葉を受けて、
日本の復興が完了したこと告げました。
設備投資主導型の高度経済成長第一期は、1961年12月まで続き、
輸出・財政主導型の高度経済成長第二期へ突入します。

自分を律しながらも、毎日ちびちび呑んでいたお父さんたちのお酒も…
ちょっと一杯のつもりで呑む内に、いつの間にやら、はしご酒に変わり、
羽目を外し始めた時代が、60年代かもしれません(笑)

1961年(昭和36年)8月。ハナ肇とクレージーキャッツ、「スーダラ節」発売。



…チョイト一杯の つもりで飲んで
…いつの間にやら ハシゴ酒
…気がつきゃ ホームのベンチでゴロ寝
…これじゃ身体に いいわきゃないよ
…分かっちゃいるけど やめられねえ

無責任極まりないこの歌ですが、当の植木等さん自身も
「こんな歌がヒットするようでは悲しいなぁ~」と言ったとか…(笑)
しかし、流行歌とは、時代を反映してヒットするものですね。
曲は大ヒットし、昭和の時代を代表する流行歌となりました。


様々な過ちや横道に反れながら、自らを悪人である自覚し、
無力さや弱さを悟りながら生きる考えを「悪人正機」と言います。
植木等さんのお父さんは、浄土真宗の僧侶だと言います。
親鸞の教えに通じるこの曲を「必ずヒットする」と励ましてくれたそうです。

…善人なおもって往生を遂ぐ。いわんや悪人をや(歎異抄:親鸞)

だめだと分かっていながらも、やってしまうのが人間。
分かっているなら、やらなきゃいいだろ~って話ですが…
いやはや、そんな簡単にはいきません(汗)
しかし、そんな無責任さを人間らしさと捉えるなら、やっと日本人が
敗戦の傷から癒え、人間らしさを取り戻した瞬間だったのかもしれません。

無責任と揶揄されながらも、大ヒットしたのは、
人の本質を突いた歌だったからでしょうか。

スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1961年(昭和36年) | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和36年]ロニオニって何?飯田久彦の「ルイジアナ・ママ」

ルイジアナママ

自治体のサイトを制作した折り、日本語サイトの他に
英語版・中国語・韓国語サイトを制作したことがあります。
日本語サイトをまず制作し、それに併せて、英語訳・中国訳・韓国訳を
ライターからテキストを受け取り、はめ込むのです。
が、これがどうにも、日本語のスペースにしっくり収まりません。

日本語の漫画を英訳すると、吹き出しに収まらず苦労した…
と言う編集者の話を聞いたことがあります。
不思議なもので、日本語を英語に訳すと、文章量が増えるんですよ~(汗)

そのやりづらさを担当者に告げると、20歳程年上の担当者は
「ロニオニだよ。ロニオニ…」と言います。

「ロニオニ??」その時の私の頭の中は、疑問符でいっぱい。
言葉数が多い私の質問の返答が、たったの4文字「ロニオニ」ですよ(泣)

1961年(昭和36年)12月。飯田久彦が歌う「ルイジアナ・ママ」発売。
原曲はジーン・ピットニーの「Louisiana mama」。
オールディーズの定番として、この年代を知ってる人には、懐かしい曲ですね。
この年に生まれた私は、当然この歌を知る訳もなく…
「ロニオニ」の謎を解く課程で、知った1曲でしたね。



「ロニオニ」とは何?
「ロニオニ」とは、「フロム・ニュー・オリンズ」の事。
原詩の「from New Orleans」の発音を飯田久彦氏が、巻き舌で歌った為に
「ロニオニ」とか「ロニオリン」に聞こえたと言います。

言葉の数で言うなら「from New Orleans」はスペースを含め、16文字。
「フロム・ニュー・オリンズ」は12文字。
ルイジアナ・ママを加わるとその差は開くばかりです。

しかし、音楽には時間があります。
限られた時間の中で発音を盛り込むには、工夫が必要です。
「ロニオリン」と発音し、頑張って縮めた飯田久彦さんのセンスでしょうか?
特に洋楽のリズムを損なわないために、致し方ないことです。

しかし、歌詞を意味で捕らえるなら、
「Louisiana mama」の「mama」は、母親の意味ではなく、アメリカ南部の方言で「彼女」。
「Dixie queen(デキシークイーン )」は、その南部で一番の美人。
「red hot Louisiana mama」の「red hot」は、今で言うところのイカしてる。

飯田久彦氏が歌う「マイ・ルイジアナ・ママ・ロニオリン」とは、
「ルイジアナ州に住んでる僕の彼女は、
ニューオーリンズでイカした美人なんだぜ~♪」

と言う事になるのでしょうか?文字数が多くなりました(汗)あは。

言葉を数として、リズムとして、意味として、どう捕らえるか?
言葉って面白くて、イカしてますね~♪コトイカです(笑)



fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1961年(昭和36年) | 12:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和36年]もっとも若き合衆国大統領ジョン・F・ケネディ誕生。

ジョン・F・ケネディ

昔、絵を描くために練習で、たくさんのデッサンしました。
クロッキー帳にデッサンをしながら、思う事は、モノには、常に光と影があることですね。
光が強ければ、おのずと、その影を鉛筆で塗りつぶす事になります。

1961年は、私がこの世に生まれた年です。
当然記憶はありませんが、私の目に「この世」の光を感じ始めた瞬間です。
同年、アメリカで強き光が誕生しました。合衆国の歴史上、
もっとも若き43歳の第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディです。

大統領就任式の就任演説は、今の混沌とした日本で、
心に刻まなければならない言葉だと思いますね。

祖国があなたに何をしてくれるかを
尋ねてはなりません。
あなたが祖国のために何をできるか考えて欲しい。


暴政・貧困・疾病・戦争・人種差別…混沌した時代に、
その強き光でグイグイ引っ張っていきます。
掲げたアポロ計画は、人を宇宙という新たなフロンティアの光へ導いてくれました。

光は強ければ強いほど、その陰は暗黒となります。
大統領就任から2年後、1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ暗殺。

子供の頃、「ケネディ暗殺の真実」的な番組が多く流されました。
繰り返されるケネディ暗殺の映像…
その番組を見ながら思いましたよ。
未来に光しか見なかった子供が、人生には陰もあるという事実を。


ケネディjr

国葬の折り、父の棺に敬礼をするケネディjrの姿が忘れられません。
jrは1960年生まれ、同世代です。
大人になることが、少し寂しいとさえ思いましたね。

暗殺後のアメリカはまだまだ混沌しています。
ベトナム戦争、黒人差別・マフィア撲滅…
不思議なもので、陰が暗くなればなるほど、光は現れるモノです。
ジョン・F・ケネディの実弟ロバート・F・ケネディが、兄の意志を継ぎ、大統領選への出馬。
しかし、またも悲劇が…。大統領選最中の1968年6月、暗殺されます。

テレビは「ケネディ暗殺の真実」から「ケネディ家の悪夢」的な番組へと変わります。
どうなってんだよ~この世の中、おかしいんじゃないの~。
こうなったら、子供心にトラウマですよね(汗)

ケネディ家は、人種差別問題に積極的でした。
ロバート・F・ケネディが暗殺されたこの年、ベトナム戦争を嘆き…
平和な世界を夢見て1曲の歌が光をかざしました。
ルイ・アームストロングが歌うWhat a Wonderful World(この素晴らしき世界)です。



I hear babies cry, I watch them grow
私は赤ん坊が泣くのを聞いたり、成長してゆくのを見ています。
They'll learn much more than I'll ever know
彼らは私よりも遥かに多くのことを学び、知ってゆくでしょう。
And I think to myself, what a wonderful world
そして、私は心の中で思っています。何と素晴らしい世界。
Yes, I think to myself, what a wonderful world
ええ、私は心の中で願っています。何と素晴らしい世界なんでしょう。

この曲が、トラウマを持ちそうな子供にまた、光を教えてくれました。

自ら目を閉じ、自らの手で目を覆わない限り、常に光は消えないこと…を。

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1961年(昭和36年) | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。