日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和45年]日本人の心の琴線に触れるメロディー「京都慕情」

京都慕情

ゲコゲコと大合唱していた田植えの時期を過ぎ、
実った稲穂を刈り取る季節になると、リーンリーンと、涼しげな音を奏で始めます。
若い頃は、気付かずにいた虫の音を、歳を取ると妙に敏感に感じるものですね。

昔、虫の音を理解する美的感覚を持った民族を日本人だ!!
と語った文人がいました。

あの怪談「耳無芳一」で有名な小泉八雲です。
日本人の心を知り尽くしたかのような、この一言を発した彼は、
実は、ギリシア生まれのイギリス人でした。名をパトリック・ラフカディオ・ハーン。
フランス・イギリスで教育を受けた後、1890年(明治23年)、
彼はジャーナリストとして日本へ来ます。島根の松江中学で英語教師をしながら、
西洋にはない神秘的な日本の姿を多くの作品に残しています。

20代の頃、山陰を旅行した時、小泉八雲記念館を訪れたことがあります。
そこには、虫の収集家として有名だった彼のあの「虫かご」もありましたよ。
虫の音に、日本人の美を捉える着眼点は、まさに日本人以上に日本人かもしれません。

彼は、新聞記者時代、「オールド・セミコロン」というあだ名を持っていました。
句読点の一つにも拘りを持ち、書き上げた記事に一切手を加えさせなかったと言います。
七五調に代表される日本文学の言葉の韻律・リズムに魅力を感じ、
「語り聞かせる文学」こそ、小泉八雲の世界なのでしょう。


明治の時代、日本は西洋に憧れ、西洋の文化・技術を取り込んでいきました。
真逆に日本の美や心の素晴らしさを教えてくれる西洋人の存在があったとは、
なんとも日本人として恥ずかしい思いがします(汗)



時は流れて、高度成長も一段落し始めた1970年代。
西洋のカルチャーがドンドン日本に入ってきました。
若者文化が花咲き始めた頃、一曲の歌が、西洋に被れ始めた日本人に
日本の和の素晴らしさを呼び起こさせてくれ、曲はヒットを飛ばします。
1970年(昭和45年)12月。渚ゆう子が歌う「京都慕情」です。
日本の和、京都の情緒溢れるそのリズムは、多くの日本人の心を捉えました。
翌年、NHK紅白歌合戦の初出場を果たし、名実ともに昭和歌謡のひとつとなりました。
50代・60代の人にとって、聞けばしんみり、日本を感じずにはいられません。

この日本人の琴線に触れるメロディラインを生み出したのは、
なんとアメリカでロックの殿堂入りも果たした
ザ・ベンチャーズ(The Ventures)なんですね。
日本にエレキブームを巻き起こし、「テケテケ」と称されるそのリズムは
ビートルズと並んで、当時の多くのミュージシャンに影響を与えています。
日本での公演回数は50回を越え、2010年には春の叙勲で旭日小綬章を受章しています。

日本人の心を改めて教えてくれたのは西洋人。
そう、軽々しい表現で結論づけたいところですが、
小泉八雲の文学は、立派な日本文学です。
ザ・ベンチャーズの旋律は、ベンチャーズ歌謡として、
日本歌謡界の一部となっています。


日本の素晴らしさは、日本を愛し、日本から愛された人々が教えてくれます。
日本の素晴らしさを知りたければ、
日本を慕う情が、深くないといけないと言う事のようです。
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1970年(昭和45年) | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和45年]パーソナリティ・城達也の「JET STREAM」

日本航空

中学校の修学旅行で、初めてその白い巨体を見ました。
尾翼にペイントされた赤い鶴のマークが、「世界」へ繋がる扉に見えたのを覚えています。
ボーイング747。「ジャンボジェット」の愛称で呼ばれたその機体は、
1970年に就航したばかりの最新鋭旅客機です。
ミニチュア・プラモデル・おもちゃ…飛行機と言えば「ジャンボ」と言うぐらい
当時の子供達にとっては、頭がぷっくり膨らんだあの飛行機に
愛着と憧れを持っていたんじゃないでしょうか?

GHQによる航空禁止令が全面解除されてから14年。
日本人は、空を自由に飛べるようになりました。と同時に、力を付けた経済力で、
空を飛んだその先に、海外を感じるようになりましたね。
とりわけ、大量に運べるジャンボの、ハワイ・ホノルル就航開始が、
日本人をハワイ好きにしたのかもしれません(笑)


1970年(昭和45年)4月。3年余りの試験放送を経て、開局したばかりの
エフエム東京(TOKYO FM)で、ラジオ番組「JET STREAM」放送開始。
初代パーソナリティは、城達也さん。
スポンサーはもちろん赤い鶴のマークの日本航空です。

深夜、今のようにテレビは、夜中中流れている時代ではありません。
テレビも一家に一台の時代です。深夜0時を回って、起きていようものなら、
親に「いつまで起きてるの~」と怒られたものです(汗)
こっそり灯したライトスタンドだけが、唯一部屋の明かりです。
古ぼけたラジオのスイッチを、ガチャと押すと…
日付が変わると同時に、ジェット機の音が流れてきます。
それが、城達也さんの「JET STREAM」でした。




…遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の闇に心を休める時、
…はるか雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、
…弛みない宇宙の営みを告げています。

…満点の星をいただく、はてしない光の海を、
…ゆたかに流れゆく風に、心を開けば、
…きらめく星座の物語も聞こえてくる、
…夜の静寂(しじま)の、なんと饒舌なことでしょうか。

…光と影の境に消えていった、
…はるかな地平線も瞼(まぶた)に浮かんでまいります。

…日本航空があなたにお送りする音楽の定期便、
…ジェットストリーム~
…皆様の夜間飛行のお供を致しますパイロットは、私、城達也です。

海外旅行が、日本人の夢のひとつになり始めた時代に、
城達也さんの甘く囁く声と、放送作家・堀内茂男さんの名散文詩は、
海外への旅愁を感じさせてくれましたね。

夜の静寂(しじま)の、なんと饒舌なことでしょうか。

当時、学生だった私にとって、夜の静寂(しじま)とは、
漠然とした将来の夢や憧れが、静かに深く…定まっていく時間だったと思います。
静寂(しじま)とは、人が成長する上で、とても大切な時間のようですね。

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1970年(昭和45年) | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和45年]チャールズ・ブロンソン男の領域、マンダム。

ブロンソン

この時代、無骨な男は、我を通しすぎて失敗する事が多いですね。
自分の信念を曲げられないばかりに、相手の意見を受け入れられません。
無骨を辞典で調べれば「洗練されていないこと。無作法なこと。」
更には、「役に立たないこと。才のないこと。」とまで、書いてあります(汗)
無骨者は、世間一般からは悪いイメージしか無いようです。

しかしその昔、「人間無骨」の異名を持つ十文字槍で、
天下の織田信長から寵愛を受けた武将がいました。
戦場で「鬼武蔵」と呼ばれた森長可(もり ながよし)です。

戦場のみならず、森長可の勇ましい逸話は多く残っています。
織田家臣団の奉公人を、些細なことで、怒りに任せて槍で突き刺すは…
戦で、度々の命令違反や軍規違反はなんのその…
無骨にして無頼で有りながら、何故か軍律に厳しい信長から
重い処分は、一度も受けていません。
戦が激しい時代だからこそ、こんな無骨者が重宝されたのでしょうか?

私が子供の頃の大人たちは、どこかそんな無骨な姿を良しとしていました。
無骨はある意味、男らしさの象徴のように感じていました。
男が化粧品を付けるなんて、あり得ない話です。
しかし、高度成長していく中で、無骨な男たちが、周りの目を気にし始めます。
まずは整髪料から、化粧品が男を粧(め)かすようになりました。

不良と呼ばれた男たちは、大抵リーゼントです。
無骨さが売りの「柳屋のポマード」か「丹頂のチック」で固めるのがステータス。
その後、新鮮さや若々しさをイメージして、資生堂から「MG-5」登場。
日本初の「本格的男性化粧品」ブランドとして、ヒットします。

MG-5の登場で、チックは売上を激減していきます。
無骨なメーカーの丹頂は、消えてしまうのでしょうか?
二枚目男優を起用し、中性的な清潔感のCMが多くなった中で、
丹頂は、野性的な風貌のチャールズ・ブロンソンを起用します。
1970年(昭和45年)4月。男臭さを前面に押し出した「マンダム」発売。



色黒で皺の深いブロンソンが、顎に手を当てて、
「ううう~マンダム」と呟きます。

無骨さが影を潜めたとはいえ、くすぶっていた無骨の心に火を付けました。
マンダムは大ヒット。倒産寸前の丹頂は蘇ります。

「mandom」とは、Man Domainの略で、「男の領域」を意味しています。
当時、子供でしたけど、そのCMを見る度、ブロンソンの真似をしては、
「ううう~マンダム」とタフな男を気取って、叫んでいましたよ。

時代と共に男のイメージは変わっていきます。
1978年。GATSBY(ギャツビー)発売。最先端のオシャレを若者へ。
1989年。LUCIDO(ルシード)発売。さわやかな男のたしなみへ。
無骨な男の化粧品ではなく、老若男女を問わないコンセプトに変わりました。

男の領域(Man Domain)の略だった「mandom」が、
今や、爽やかにHuman & Freedomの略です。

無骨を貫くのは、難しい…。

難しいからこそ、出来ない人が
負のイメージを付けたがるのかもしれません。

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1970年(昭和45年) | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。