日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和46年]ビージーズの名曲と共に「小さな恋のメロディ」

小さな恋のメロディ

中学校の行事として毎年、体育館で映画上映会が催されました。
その時に観た「小さな恋のメロディ」が、この歳になっても心の奥で
優しい光を放ち続けています。

1971年(昭和46年)6月。日本で公開されたイギリス映画。
英国では原題を「Melody」と言いますが、「Melody」では意を表していないと
制作会社の意向で「SWALK」に変更されてしまいます。
「SWALK」とは、「Sealed with A Loving Kiss」の略…。
ラブレターの最後に書き記す言葉で、
「愛を込めたキッスで封をしました」との意味だそうです。
意味を知れば、なるほど~と納得できますが、
もし、映画の邦題が「小さな恋のメロディ」ではなく、「SWALK」だったら、
きっと日本では、分かりづらいものになったかもしれません。


映画公開後、主人公のマーク・レスターとトレイシー・ハイドは、
映画雑誌等に紹介されて、大人気となりました(笑)



物語は、思春期を目前にした11歳の気弱な男の子ダニエル(マーク・レスター)と
メロディ(トレイシー・ハイド)の幼い恋の物語…。
そこに貧しい家の悪ガキ・トムが関わって、友情…冒険…反抗…そして、恋を綴ります。
今の映画のような、どんでん返しもストーリーの工夫はありません。
しかし、全編に流れるビージーズの曲と、シックなロンドンの街並みが、
小さな二人の恋物語を、童話の世界の事のように思わせてくれます。


恋を実らせた二人は、教室で「ぼくたち結婚します」と宣言します。
戸惑いながらも祝福を誓う友達たち…。
しかし、それを知った先生達は大騒ぎ。「どうして、いけないの?」の問いに、
ただただダメと言うばかり。この下りの伏線は、歴史の授業のシーンにありました。
ウェリントンのイベリア遠征について、先生が黒板にこう書きます。「STMTBMC」。
Saucy Turtles Make Terrible Bath Mats,Charlie
(いせいのいいカメはひどいバスマットになるよ、チャーリー)
日本で言うところの「1192(いい国)作ろう鎌倉幕府」の暗記法と同じなんですね。
それに対して、トムは暗記法よりも「なぜスペインと戦ったのですか」と、質問します。

ただ知識を押しつける学校じゃなく、
子供の「何故?」に真っ向から答えなければ、
子供は大人を信用しなくなってしまいます。


結婚を反対された二人は、子供達だけで結婚式を挙げようと計画…。
それを知った先生たちは、止めに車で向かいます。
爆弾マニアの友達の爆弾が、爆発して。先生の車は炎上~!!
そりゃもう大騒ぎの中…ダニエルとメロディは、トロッコに乗って旅立っていきます…。

線路の先で、二人にどんな運命が待っているのでしょう?
不確実な未来への不安と、二人で漕ぎ始めた今の幸せが交錯します。
中学生の頃、この映画を観ました。少年から、大人の狭間で
トロッコに乗る二人の姿が、自分に重なったような気がしましたね。

子供の頃、楽しいからずっと遊んでいました。
大人は、それを見て「いつまで遊んでいるの?」と叱ります。
子供の私は言います。「何故、遊んではいけないの?」と。

今、大人になった私は、その何故にどこまで答えられるだろうか?

ビージーズの曲が、やけに心に染みます…

スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1971年(昭和46年) | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和46年]悪の秘密結社ショッカーを倒せ!!仮面ライダー!!

仮面ライダー1号2号

「ヒーローはお父さん!!」この響き…なんと親孝行な子供でしょう~。
しかし、こんな親の涙腺を緩ませる子供から
生身に備わる力ではなく、生身を越えた力の存在に
「ヒーロー」の座を奪われると、誰が想像したでしょう(汗)

1971年(昭和46年)4月。土曜19時30分から「仮面ライダー」放送開始。
1973年の2月まで、全98話を放送。2年の長きに渡り、当時の子供達を虜にしました。
五十前後の世代にとっては、小学生でまさにドンぴしゃ!!
ウルトラマンと並び、昭和の時代を代表するヒーローですね。

科学者であり、オートレーサーでもある一人の若者・本郷猛は、
悪の秘密結社・ショッカーに改造され、改造人間となります。
悪の組織に人間を凌駕する力を与えられながらも、脳手術を受ける寸前で脱出。
脱出を手助けしてくれた緑川博士の意志を継ぎ、
ショッカーに立ち向かう物語が「仮面ライダー」でした。

「改造人間」として、人類のために戦わなければならなくなった悲哀もまた、
脳天気に正義を語るヒーローとは違う魅力を持っていました。



仮面ライダーが持つ絶大な武器とは、ズバリ「殴る」「蹴る」です(汗)しかし…
殴る蹴るでは、生身の喧嘩で、当たり前のように使われていて、格好良くありません。
当時、子供の世界では、英語が徐々に浸透し始めていました。
「犬の事を英語でドックって言うんだぞ~」と誰かが言うと「へ~」と(笑)
一・二・三…をワン・ツー・スリー…と言えるだけで、ちょっと鼻高々です。
日本語を英語にすると、カッコイイと言う風潮が出てきた時代でしたね。

そこに、アニメ「キックの鬼」やプロレスのジャイアント馬場の「十六文キック」のように
キック・パンチが決め技になる事を知ると、
仮面ライダーの「殴る」「蹴る」が「ライダーキック」「ライダーパンチ」へ。
仮面ライダーを通して、「殴る」「蹴る」が必殺技になった瞬間でした。


子供の頃は良く「ライダーキック」「ライダーパンチ」と叫びながら、
友達を殴ったり蹴ったりしていましたよ(笑)あはは…
でも、それは一種のじゃれ合いであり、新たなスキンシップでもありました。

何よりも「殴る」「蹴る」をカッコウ良くしたのは、大野剣友会の殺陣でした。
チャンバラ・時代劇の一大殺陣集団こそ、仮面ライダーを支えた立役者かもしれません。
一見不釣り合いに思える歌舞伎の見栄や口上を取り入れて、
あの変身ポーズは生まれます。
溜めてパンチ!! ホーズを決めてキック!!
トーと叫んでジャンプ!!

アクションの切れの良さが、カッコイイ~に繋がりましたね。

「殴る」「蹴る」という、生身の当たり前の行為を、
英語にし、決め技にし、切れの良いアクションにした時、
仮面ライダーは、時代を代表するヒーローになったような気がします。

年末…「クリスマス」に「出し惜しみをせず」、「変身ベルト」をプレゼント!!
英語で、切れ良く、決め技…。
その時ばかりは、父親もヒーローに見えましたよ~(笑)

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1971年(昭和46年) | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和46年]千の顔を持つ男。覆面レスラー「ミル・マスカラス」

ミルマスカラス

昔ほど、格闘技やプロレスを見なくなりましたが、
10代・20代の頃は、テレビを食い入るように見ていましたね。
ジャイアント馬場やアントニオ猪木が毎週、
ゴールデンタイムのプロレス中継でパワフルな戦いを繰り広げていました。

勧善懲悪を元にした特撮ヒーローの強さとは違い、
プロレスの面白さは、筋肉で武装したリアルな男の戦いです。
主張がまかり通る事を正義と言うなら、
相手をマットの上にスリーカウント押さえた者が正義です。

相手を流血に追いやる悪役レスラーも、勝てばチャンピオンになれます。
歯がゆい思いをしながら、手に汗を握り、プロレスを見ていましたよ。

1971年(昭和46年)2月。力業が主だった今までのスタイルとは違い、
スピーディーさと空中戦と言う独特のスタイルを持ったレスラーが参戦してきました。
「千の顔を持つ男」と呼ばれた覆面レスラー、ミル・マスカラスです。

白と黒のメリハリの利いたマスクデザインは、
子供心に特撮ヒーローを越える格好良さがありました。
覆面で素顔を明かさない神秘さも、特撮ヒーローそのものです。
覆面の下から伸びる筋肉は、ボディビルで鍛えただけあって、見事な筋肉美。

そして…必殺の~
フライング・クロス・チョップ!!
ダイビング・ボディ・アタ~~~ック!!


どう考えても、特撮ヒーローの必殺技でしょ(笑)
ミル・マスカラスの格好良さはそればかりではありません。
入場の時には、テーマ曲の「スカイ・ハイ」が流れ、颯爽と登場します。
そして、「千の顔を持つ男」の由来である、
オーバーマスク(本マスクの上にもう一枚)を試合ごとに、観客に投げるんです。
ショーアップされた演出に、当時の子供はメロメロですよ(笑)



「覆面を被る」とは、虚勢や威圧のような負のイメージがありますが、
素の自分とは異なる人格に成りきり、
素顔では出せなかった実力を、発揮できる効果もあると言います。

しかし、今の覆面レスラーは、商業的なイメージアップのみを
考えてるような気がしてなりません。

覆面レスラーは、メキシコに多く存在したと言います。
昼間は他の職業に付き、夜に試合を行う為、正体を隠す必要がありました。
ライセンスの必要な海外で、非合法に試合をするために覆面を被ったとも言います。
仮面を被る事は、先入観無く、レスラーの力量のみを
観客にアピールする行為かもしれません。


当時のプロレスは、どこか外人レスラーを悪役に見立てていましたね。
正義の日本人が、悪の外人を倒す。
そんな図式が、日本人レスラーを熱烈に応援する理由でもありました。

しかし、覆面を被ることで、外人であろうがなかろうが、
強くて格好良ければ、誰でもヒーローになれる…
それをミル・マスカラスは教えてくれたような気がします。

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1971年(昭和46年) | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和46年]青春は、汗と涙と友情と…森田健作「おれは男だ!!」

俺は男だ

平成の世を暮らしていると、昭和という時代は、私にとっては青春そのものです。
しかし、厳密に青春って何歳からでしょうか?
素朴な疑問が浮かんできます。

中国の故事によれば、人生を季節と色で区分しています。
人生を80年とすれば
玄冬(幼年期)の時代は、20歳まで
青春(青年期)の時代は、21歳~40歳。
朱夏(壮年期)の時代は、41歳~60歳。
白秋(老年期)の時代は、61歳~80歳までと言った感じでしょう。

故事的に言えば、青春は成人式を迎えてからとなります。
でも、青春時代って、もう少し早くから始まってると思いませんか?


それを教えてくれたのは、1本のドラマでしたね。
夏木陽介や竜雷太主演で人気となった日本テレビの青春ドラマシリーズとして、
1971年(昭和46年)2月から放送を開始した、森田健作主演の「おれは男だ!!」です。
当時、私はまだ小学5年。青春の「せ」の字も感じることのない子供です(笑)

共学になったばかりの名門女子校だった青葉高校に
森田健作が演じる主人公・小林弘二が転校してきます。
男子生徒は少なく、女子生徒が主導権を握る高校で、
「ウーマンリブ」の打倒を掲げ、男子生徒を集めて剣道部を作ります。
戦う「ウーマンリブ」のリーダーは、ご存じ、吉川君~!!(笑)



コミカルさを交えながらも、汗・涙・怒り・友情…をドラマの中から知りましたね。
高校になれば、あんな青春時代がやってくるとさえ思いました。
途中から転校してきた志垣太郎演じる西条は、
颯爽とジープを乗り廻し、浜辺でトランペットを吹きます。
おいおい…これも青春かぁ~(笑)ジープに乗るって…あはは。
無茶も青春の特権かもしれません(笑)

「おれは男だ!!」は、日曜の8時からの放送でした。
観終われば、9時。楽しかった休日は終わりです。
小学生の私は、登校の準備をして就寝タイム。
楽しい時間を過ごした後に訪れる、
寂しさもまた、青春でしょう?


ともかくも、「おれは男だ!!」は、大ヒット。森田健作は、青春スターになりました。
初めて買ったLPレコードは、なんと森田健作なんですよ(笑)
熱を上げるのもまた青春??

そして、「おれは男だ!!」の後番組は、あの村野武範主演の「飛び出せ!青春」です。
これまた大ヒットです。
大ヒット大ヒットと続いた後を受け、満を持して放送したのが、
森田健作・石橋正次の2大青春スター主演の「おこれ!男だ」~~~~!!

あはは(汗)…おこれって…
なんと言いますか?このドラマは不調に終わりましたね(泣)

青春とは…失敗も付きものだと知りましたよ。

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1971年(昭和46年) | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。