日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和47年]水平線の終わりには、何がある?「海のトリトン」

海のトリトン

子供の頃、夏休みになると、決まって午前中は、
アニメチャンネルとして称して、1時間半程アニメの再放送が流れていました。
何度も再放送されたのが、アニメ版「海のトリトン」です。

トリトンの眺めた海には、様々な試練がありましたね。
水平線の先には…海を脅かす悪のポセイドン族。
いろいろな人々と出逢い、別れ、悩みに葛藤しながら、少年は旅を続けます。
大西洋・北極海を舞台にした、冒険アニメの金字塔です。

原作は、あの手塚治虫さん。1969年(昭和44年)9月に連載開始。
本の後書きには、こんないきさつが書かれてありました。
「当時は「巨人の星」や劇画が全盛のころで、
新しい連載漫画も、それらの熱血・スポコン的なアクションを、
なるべく強く入れてほしいという要望がありました。
ぼくは、どうしてもそういうムードのものは苦手なのです。」と。

確かに海のトリトンが、熱血スポコンモノにならなくて良かったですよ。
苦手だったからこそ、名作として語り継がれることになかったのかもしれません。



1972年(昭和47年)4月、アニメ版「海のトリトン」放送開始。
キャラクターデザインは、あえて手塚治虫調にせず、
脚本内容は、漫画界の大御所、手塚治虫さんから大きく離れ、
「自分は原作者の立場でしかない」と言わしめた程です。

プロデューサーを務めた西崎義展さんは、テレビアニメの初プロデュース作品。
監督を務めた富野喜幸さんにとっても、初監督作品です。
監督が選択した物語のラストは、低学年の子供には、難解でした。
富野喜幸さん自身が「これはもう職権乱用です」と断言するほどの最終回です(汗)
異例づくめで始まったアニメ版「海のトリトン」は、
まさに大冒険の船出だったんですね。


…水平線の終わりには、虹の橋があるのだろう~♪

そして、水平線の終わりに待っていたものは…
小学生ではなく、中学生や高校生からの熱烈アピール。
今のアニメでは珍しくない、緑の髪のトリトンにファンクラブができる程でした。

何度も再放送された「海のトリトン」を見ていくうちに、
難解と思われたラストの意味が分かってきます。
悪だと思っていたポセイドン族は、実は犠牲者だったんです。
「俺が悪いんじゃない、ポセイドンが海の平和を乱すからだ!!」と叫んで、
その犠牲者を全滅させたトリトンは、大量虐殺の加害者なんですよね(汗)

そして、また少年は旅立つ…。


と、物語の最後は、このナレーションで締めくくられています。
えええ~何とも、ほろ苦い…。この感覚こそ、成長する少年期の余韻かもしれません。
少年は「また」旅立つんです…。「また」なんです。
何度も苦い経験を重ねて、人も作品も大きくなっていくんですね。

…誰も見ない未来の国を、少年は探し求める~♪
その後、西崎義展さんが求めたものは、「宇宙戦艦ヤマト」…。
富野喜幸さんは、名を富野由悠季に代え、
探し求めたものは、「機動戦士ガンダム」だったのでしょうか?

スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1972年(昭和47年) | 17:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和47年]マッハロッドでブロロロロ~「超人バロム・1」

超人パロム1

感性の高い人は、理屈より身振り手振りが多くて、感嘆や擬音が多いと言います。
表現したいことが、理論(理屈)より先に出るらしい~。
ヒットを打つためには、どうすれば?
「こう来たら、ぐっと…そして、ターンっと打つ!!! こうすれば打てますよ」
何のアドバイスでしょうか(汗)あの長島茂雄さんの指導です(笑)
でも、分かる人には分かるらしい(汗)

1972年(昭和47年)4月。東映製作の特撮「超人バロム・1」放送開始。
人気絶頂の初代「仮面ライダー」が、2年目を迎えた時期に登場しました。
原作をゴルゴ13で有名な、さいとう・たかを氏を起用。その為か、
石ノ森章太郎原作の仮面ライダーよりも
バロム・1はグロテスクな怪奇性が強調されていました。

子供ながらに、恐る恐る観ていたのを覚えています。

キックが主な攻撃の仮面ライダーに対して、バロム・1は爆弾パンチです。
大人が「へ・ん・し・ん」と、見栄を切る仮面ライダーに対して、
バロム・1は、半人前の子供が二人で一つとばかりに変身します。
同じ東映制作の為か、バロム・1は企画段階で
仮面ライダーのセカンドとして位置づけられていました。
その明確な大人なコンセプトを知れば、その違いは理解できますね。

しかし、視聴率の低迷…何よりも仮面ライダーを越えられなかったと言う
大人な判断から番組は、残念ながら35話で終了してしまいます。
でもねぇ~子供だった私は、凄く大好きでしたよ。

ダウンダウンの松本人志さんが、「超人パロム1」の主題歌を聴いて、
「訳がわかない歌でしょ。ズババババーンって。で、ギュン、ギュギューン(笑)だよ~」
と、そうギャグにしていました。

確かにそう言われると、意味不明で奇々怪々です(泣)
理屈な大人には、そう聞こえるのでしょう。




子供の頃、この曲を聴いていた時、不自然さは微塵も感じませんでした。
マッハロッドという乗り物は、ブロロロローで
ぶっ飛ばすんです。ギュン、ギュギュンって!!
敵の魔神ドルグは、ルーロ、ルロロっと出て来て怖いんです。
その魔神をズババババーンと倒すために…
バロムクロスで変身して、キューンキュンなんですよ(汗)あはは(笑)

何の違和感もなりません。きっぱり。
大声で歌っていました。
子供の感性に合ってるんですね(笑)


バロム・1に変身するパワーの源は、二人の友情のエネルギーでした。
二人が喧嘩をすると変身が解けてしまいます。

感性の違いから意味不明な人と勘違いされる人がいますが(汗)
その感性を認めれば、きっと、話し合えます。
情を分かち合えば、きっと、心は通じますよね。


fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1972年(昭和47年) | 15:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和47年]札幌オリンピック、金銀銅の日の丸飛行隊。

日の丸飛行隊

県内には、航空自衛隊・岐阜基地があります。
毎年、各務原市で開催される航空祭の最大の見物は、
何と言っても「空のアクロバットショー」ですね。
音速で飛び交う鮮やかな機体を間近に見れば、誰でも憧れてファンになります。
空を自由に飛ぶこと、そして誰よりも速く飛ぶこと…
声も掻き消えるような轟音に驚きながら、
空いっぱいに描かれたスモークの航跡は、まるで虹を架けているかのようです。
その空を駆け抜ける憧れの正体は、蒼い衝撃…
ブルーインパルス(Blue Impulse)と呼ばれた飛行隊です。


子供の頃、白銀の空をひたすら高く、そして…遠くに飛んで、
日本中を感動の渦に巻き込み、歓喜させた飛行隊がいましたね。

1972年(昭和47年)2月。札幌で冬季オリンピック開催。
スキージャンプ70m級で、1位・笠谷幸生、2位金野昭次、3位・青地清二。
日本人が、冬季オリンピックで初めて、金銀銅の表彰台を独占しました。

「日の丸飛行隊」の名で、新聞やテレビが大大的に報道をしていました。

子供で、オリンピックの凄さを実感できなくても
「日の丸飛行隊」の名だけは、しっかり覚えています。
当時の子供にとって、飛行機…そして空への憧れは、
きっと、今の子供たちの何倍も強かったように思います。


敗戦するまでの日本は、他国が脅威を抱くほどの航空大国でした。
しかし、戦争に負けると、その航空技術はGHQ…所謂アメリカに全面禁止されます。
現存飛行機は、全て破壊。戦前の航空機資料は、全て没収。
大学の授業から航空力学の科目まで取り除かれ、
製造する日本の重工業は、すべて再起不能にさせられました。
まさに、日本は翼を完全にもがれ、飛行隊はその歴史から姿を消しました。

1952年(昭和27年)。日本に主権が戻ると、一部飛行機の運航・製造が解除されます。
1956年(昭和31年)。GHQによる航空禁止令が全面解除。
1962年(昭和37年)。戦後、国産初の旅客機YS-11初号機ロールアウト。
1965年(昭和40年)。YS-11量産一号機納入。
敗戦から20年。日本人の手で、日本の空を…遂に翼を広げる事ができました。
しかし、YS-11はあくまでも旅客機です。飛行隊は組めません。



空を力強く、そして軽やかに編隊を組んで飛ぶ「飛行隊」のイメージを
きっと、札幌オリンピックの空に誰もが想像したのかもしれませんね。

札幌オリンピックのイメージソング「虹と雪のバラード」を
開催期間に良く聞きました。
雪の空に翔る虹のイメージが、
まさに、日の丸飛行隊でしたよ。


1971年(昭和46年)。オリンピック前年、国産でマッハを越え練習機T-2初飛行。
1976年(昭和51年)。T-2を含む25機体制で、正式に第21飛行隊結成。
遂に国産の翼が編隊を組みました。実に長い道のりです。

そして…私が、各務原の空で見たあの青い稲妻は…T-2。
航空隊中の航空隊と呼ばれた「ブルーインパルス」の編成機体です。

日本人の手で、日本の空を…。

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1972年(昭和47年) | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和47年]一袋20円。カルビー仮面ライダースナックカード。

仮面ライダーカード

小学生の息子は、ポケモンが大好きです。
私の息子に限ったことではなく、大抵の子供は大好きですよね。
本屋に行き、どうしても欲しい~と、せがむポケモンの攻略本のなんと分厚いことか(汗)
何百体もいるポケモンを、ひとつひとつ覚えようとします。まるで図鑑です。
その集中力を勉強に使ってくれたら、どんなに親としては嬉しいことか…(泣)

「ゲームばかりせずに、外で遊んだら」
今時の子供に対する親の小言の一つです。
しかし、遊びに行く先はゲームセンター…。
「ムシキング」「恐竜キング」…ゲーム機に100円玉を入れるとカードが1枚。
画面で繰り広げられているバトルゲームは上の空。カード集めが、目的です。

「無駄なモノばかり買って~」と、小言を言いたいところですが…
カードを専用アルバムに入れ、眺めている息子の後ろ姿を見ていると
私の子供の頃の姿と、重なって見えましたよ。


1971年(昭和46年)4月。放送を開始した「仮面ライダー」は、
瞬く間に子供の心を虜にしました。
翌年、昭和47年4月。カルビーから仮面ライダー スナック発売。
そのお菓子には、仮面ライダーカードが1枚付属していました。
プロマイド要素が有りながらも、見栄えの良いヒーローが主体ではなく「怪人」。
ナンバリングされたカードは、通番でどうしても集めたくなります。
裏面のちょっとした解説が、図鑑要素を表しています。
更に、ラッキーカードを手に入れると、
レアな「仮面ライダーアルバム」がもらえるんです。
まさに今の子供たちが、ポケモンやムシキングにはまる要素がてんこ盛りです。
親としては、「無駄なモノ」と、闇雲に息子を怒れませんよ~(泣)

仮面ライダーカード2

仮面ライダースナック…いや、仮面ライダーカードは、本当に大人気でした。
お正月、お菓子屋さんに行くと、お菓子屋の親父さんが
タダでお菓子をやるから、好きなだけ持って行け~と言うのです(笑)
子供にとってお菓子は大好物、タダでもらえるなんて、嫁入りの菓子巻き以来です(笑)

そのお菓子こそ、「ライダースナック」でした。
一袋20円、段ボール一箱に50袋、当時は消費税など無いから、1000円です。
お年玉を貰った子供が、カードだけ取って、お菓子をそのまま置いていったとか。
カードの無い「ライダースナック」に、もう商品価値は無いって事ですよね(汗)
友人数人で、自転車のカゴに入れられるだけ入れて持って帰りましたよ。

来る日も来る日も、ライダースナックです(笑)
沢山あるから、親は別のお菓子をくれません。
ライダースナックが無くなるまで、死にものぐるいで食べたのを覚えています。

そんな、カードだけを取って、お菓子を捨てる子供たちがその後、急増していきます。
学校では「ライダースナックをきちんと食べなさい」と指導もありましたが、
発売元がカルビーなだけに
「止められない、止まらない」んです(笑)


大きな話をすれば、国対国の外交も、カードをたくさん持った方が優位に立てます。
仮面ライダーカードはまさに、子供の外交体験でした。
クラスで影の薄い子供が、持ってるカードの多さで人目を引き、
ダブったカードで、持っていないカードと交渉もできました。

めんこの時代から脈々と続く、
学校では、教えてくれない人との関わり方です。
決して、無駄ではありません。

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1972年(昭和47年) | 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和47年]オードーリー・ヘプバーン。何と言ってもローマの休日。

ローマの休日

人が想像できるであろう映像表現なら、
今のCG技術を使えば、大抵できるのかもしれません。
映画館に足を運べは、映像がスクリーンを飛び出し、目の前まで迫ってきます。
遊園地のアトラクションと変わらないアミューズメントな世界が、今の映画です。

こんな時代に、カラーでもCGでも無い白黒映像で、
古めかしいファッションを身にまとい、
お転婆なお姫様が、街に飛び出して、新聞記者と恋をする。
そんな単純なラブストーリーを名作と告げたところで、
若い人は、それを名作と感じるのだろうか?


私が小学校低学年の頃、まだテレビは白黒でした。
カラー化が徐々に進み、新聞の番組欄には、カラー映像を誇らしげに語るように、
番組名に「カラー」の文字が、表示されいましたね



1972年4月。忘れられない1本の映画が、テレビ初で放送されました。
1953年に映画公開されたオードーリー・ヘプバーン主演の「ローマの休日」です。
息を呑むように親が観ているそばで、子供の私もブラウン管を覗き込んでいました。
日本の風景とは、まるで違う異質な町並み…
日本の女性とは違い、人形のようなオードーリー・ヘプバーン…

まだ、恋の「こ」の字も知らない純粋無垢な目線で、二人の成り行きを
白黒なのに、そこにまるで色があるかのような、夢心地で観ていたのを覚えています。

表敬訪問に来た王女に、記者たちが質問をするラストシーンの意味を
その当時、子供の私はよく分からなかったんです(笑)

記者:ご旅行された中で、どの街が一番でしたか?
王女:ローマです。何と言ってもローマです。

そっかぁ~ローマの旅行が楽しかったんだぁ~程度の感想ですよ(笑)あはは。
家族旅行が楽しかったのと同じ感覚かもしれません。

数年後、再び放送された「ローマの休日」を観ました。
少し成長した私は、そのラストシーンが、恋物語である事を知りました。

記者:ご旅行された中で、どの街が一番でしたか?
王女:ローマです。何と言ってもローマです。
そして、王女は言葉を続けます。
私はいつまでも、
この町の思い出を懐かしむでしょう。


たった1日の出来事です。
たった1日の思い出をこれからもずっと…です。

「永遠」と言う言葉と「恋心」が頭をよぎりました。
何とも甘酸っぱくて切ない感想を持ちましたね。
その時から「ローマの休日」は、私にとっての名作となりました。

ローマの休日

毎月、私はたくさんの映画を観ます。
素晴らしい映画・迫力のSFCGの映画・涙が止まらない感動の映画…
それでも、心に残り続ける映画は少ないものです。

きっと、成長する中で、シミのように心に染みこんだ映画を
名作と言うのかもしれません。
「ローマの休日」を名作だと、他人に押しつけたところで意味はありません。
名作は、人の数だけあるような気がします。

もし、CGバリバリの今時の映画を観る前に「ローマの休日」を観ていたら、
その人は、どんな感想を持つのだろう~

「あのヘップバーンのキュートさは、もうもう…神ですよ」と…。

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1972年(昭和47年) | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。