日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和58年]第37回衆議院議員総選挙。取り戻せ日本。国とは何?

初めての選挙

子供の頃、テレビは、娯楽のおもちゃ箱でした。
しかし、そのおもちゃ箱のおもちゃで、どうしても遊べないモノがありました。
夕飯を間近に向かえ、アニメタイムが始まる6時代のニュースです(汗)
父親は、感心しきりうなずいたり「どうなってるんだ」と憤慨したり。
ニュースと言うのは、大人を
あれほどまでに興奮歓喜させるんですね。


二十歳になれば、成人式を迎え、日本人なら等しく選挙権が与えられます。
当時の私は、選挙権を大人になった証と思っていただろうか?
社会や国の事などに、それほど関心はありませんでした(汗)
車やファッション・音楽…自分個人が楽しいことが唯一の関心事です。

安い給料の中から、高額な月賦を払い、車を買って乗り回していると、
「そんなに乗り回して、タダじゃないんだぞ」と親は怒ります。
「自分で買ったんだから、良いじゃないか」と私は逆ギレ状態です(汗)あはは。
車検代・修理代・ガソリン代…すべて親持ちの身分で、
良くもまぁ~大人気取りでいたものだと、
つくづく思いますよ。(汗)


1983年12月。成人となり、迎えた大きな選挙が「第37回衆議院議員総選挙」でした。
それまで、日本の政治は、自民党独裁の時代です。
「和の政治」をスローガン掲げながらも、マスコミからは直角内閣・暗愚の宰相と揶揄された
第70代内閣総理大臣・鈴木善幸氏の時代です。田中角栄氏の影響が大きかったんですね。
鈴木善幸氏の後を受け、第71代内閣総理大臣なったのが、中曽根康弘氏です。
これまた田中角栄元首相の後押しで政権を握ったと言われています。
そんな田中角栄氏が、ロッキード事件の裁判で実刑判決を受け、
向かえたのが「第37回衆議院議員総選挙」です。結果は惨敗。
自民党の歴史だった一党独裁は消え、連立政権が始まった激動の選挙だったんですね。

良く、子供の夢の一つに「総理大臣になる」なんて事を当時良く言われていましたが、
大平正芳氏・鈴木善幸氏と続いた総理は、なんと言いましょうか?
なんであんなに爺臭い風貌なんだろう~って。(笑)

次に総理となった中曽根康弘氏も、えええ、また~って感じです。
国家から成人として認められ、大人になったばかりの私の政治の印象は、
実に子供っぽかったと言わざるを得ません。

しかし、不思議と中曽根康弘氏の印象は、政権が長く続く中で変わったように思います。
アメリカに憧れもありながら、アメリカに卑屈さを少し感じていた時代です。
アメリカ大統領と並んで「ロン、ヤス」と対等に呼びあっていました。
レーガン大統領は、俳優出身で、風貌がずば抜けて垢抜けていた分、
横に並ぶ日本の総理も垢抜けた印象を与えてくれました。
何よりも、日本がバブル景気に突入する元気で熱のある時代でもありました。

中曽根康弘氏は、太平洋戦争の折り、海軍将校として従軍しました。
戦死した仲間達の遺体を火葬しながら、こんな句を詠んでいます。
…友を焼く 鉄板を担ぐ 夏の浜
…夏の海 敬礼の列の 足に来ぬ
そして、こう語ります。「彼ら、戦死した戦友をはじめ、いっしょにいた二千人は、
いわば日本社会の前線でいちばん苦労している庶民でした。
美辞麗句でなく、彼らの愛国心は混じり気のないほんものと、身をもって感じました。
「私の体の中には国家がある」と。

政治評論家竹村健一氏は、中曽根氏から畏友と言われながらも
「体の中に国家を持っている」政治家として、中曽根氏を敬愛していたと言います。

取り戻す

2012年12月。「第46回衆議院議員総選挙」
自民党が掲げたキャッチコピー「日本を、取り戻す」が、心を打ちました。
取り戻す日本とは、どんな日本でしょうか?

あれから30年、私は、大人になったのでしょうか?
日本…国家というモノをどれほど深く感じてきたのだろう?


昨晩8時を過ぎ、NHKの出口調査による速報は、自民党いきなりの圧勝をつげます。
ニュースと言うものが、これほどまでに興奮歓喜させるとは。
あれれ…20代初めの頃とは違う、自分が居ましたよ(笑)

スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1983年(昭和58年) | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和58年]まだあげ初めし前髪の…初恋は、ふりこ細工の心。

初恋

今時の音楽は、ストレートな恋愛モノばかりですね。
「お前が好きだ」「愛してる」「あなたに逢いたい」「切ない」…
挙句の果てに「いつ※の君は○△※□で○△※しよう~♪」
何言ってるのやら、声が聞きづらくて、チンプンカンプン(汗)
「ベイビーベイビー」「ロンリーロンリー」リズム取りのような相づちは英語。
音楽はノリも大事だと分かっていますが、
音楽はリズムだけじゃ無いですよね。
心にググっと刺さる歌詞だって必要です。


恋。とりわけ初めての恋は、誰でも特別なモノ。
ストレートに相手に気持ちを伝えられず、ドキドキ・ソワソワ。

表現する言葉が見つからない。当てはまる言葉を辞書で調べても見つからない。
そんな心を言葉にする人たちの事を
詩人というのでしょうか?


…まだあげ初めし前髪の
…林檎のもとに見えしとき
…前にさしたる花櫛(はなぐし)の
…花ある君と思ひけり

丸暗記した覚えのあるこの詩は、明治29年に発表された詩人島崎藤村の「初恋」です。
5音7音のリズムは、口に言葉を出すだけで、音楽に変わりそうです。

現代訳っぽくしてみれば…
…君と会う約束をしている林檎の木の下に行ってみると、
…髪を結い上げたばかりの君の姿が見えたんだ。
…昨日までの君とは違い、見違えるような大人になっていたね。
…前髪に花櫛を挿していた。
…僕は君の髪に花が咲いたように思ったんだ。
何とも、胸キュンな詩でしょうか?あはは(照)



1983年2月、初恋の心を「ふりこ細工の心」と表現した曲が生まれました。
サラリーマン風の風貌の今は亡き、村下孝蔵さんの「初恋」です。

…五月雨は緑色 悲しくさせたよ 一人の午後は
…恋をして淋しくて 届かぬ想いを暖めていた
…好きだよと言えずに 初恋はふりこ細工の心

村下孝蔵さんの「初恋」の素敵なところは、一音一句、発音が聴き取れることです。
うやむやにしない言葉のリズムが、心の誠実さや純白さを与えてくれます。
半端な英語もありません。
日本語の持つ比喩的表現の「ふりこ細工の心」が、
ストレートでない心のあり方を教えてくれます。

何度聞いてもいい曲ですね。

昔、帰宅して居ないあの子を校庭で待っていたような気がします(照)
初恋に「放課後の校庭」は、なぜか、しっくりきますねぇ~。

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1983年(昭和58年) | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。