日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和59年]スティーブ・ジョブズのMacintosh 128K発売。

スティーブジョブズ

家の物置には、昔懐かしいパソコンが数台あります。
スイッチさえ入らない電化製品やパソコンと言うのは、
持ち続けてもアンティークな価値はありませんよね。
粗大塵と化したパソコンですが、思い出が詰まっているだけに
なかなか捨てられないのが現状です(汗)

もし、アンティークと呼べる風格があるパソコンを選ぶとすれば、
MAC…いやマッキントッシュ(Macintosh)と呼ぶ方が正しいでしょう(笑)
1984年(昭和59年)1月。Macintosh 128K発売。CPUはMC68000 8MHz。
若き日のスティーブ・ジョブズが率いる、アップが手がけたこの一台は、
その後のPCの流れを決めました。


80年代半ば。テキストを相互に関連づける
ハイパーテキスト(hypertext)が生まれました。
静的な文章(テキスト・文字列)を動的インターフェースで結ぶこの考え方を
やがてマッキントッシュは、ハイパーカード(HyperCard)に昇華させます。。
1枚のカードの上にはテキストや画像が配置されています。
別のカードと別カードを繋ぐのは、リンクと言う名のボタンです。

プログラムを直接記述する事無く、簡単なアプリケーションを作ることができ、
今で言うマルチメディアオーサリングツールとして、大成功を収めました。
当時、このハイパーカードのマッキントッシュが欲しかったですねぇ~(笑)

2011年10月、スティーブ・ジョブズは、56歳の若さでこの世を去ります。
2005年6月、スタンフォード大学の卒業式で、
こんなジョブズのスピーチが残されています。

…未来に先回りして、点と点を繋ぐ事はできない。
…君たちができるのは、過去を振り返って繋げることだけなんだ。
…だからいつか、何らかのカタチで点と点が繋がることを信じなければならない。
…自分の根性、運命、人生、カルマ…何でもいいから、とにかく信じるのです。
…歩む道のどこかで、点と点が繋がると信じれば、
…自信を持って、思うままに生きることができます。
…たとえ人と違う道を歩んでも、信じることが全てを変えてくれるのです。

カードとカードがリンクするように…
人は、繋がりによって、新たな道を見つけ出すものです。


Macintosh 128K発売後、ハイパーテキストは、World Wide Webへ進化しました。
通称WWW。いわゆるインターネット上のハイパーテキストシステムですね。

テレビで、お宝探偵団の先生も言っていました。
学術的なモノや歴史的背景の持つモノには価値がある-と。
マッキントッシュは、アンティークと呼ぶにふさわしい世界に冠たる名機でしょう。
現在、入手困難。状態が良くて、6~7万ってトコでしょうか?
この値段は高い?安い?

それと、ウェブ上のリンクというのは、古くて、良質なモノほど、
自分のページランクが、上がる性質を持っています。
人もまた、繋がる人間関係によって、自分の価値は上がるものです。

スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1984年(昭和59年) | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和59年]ロサンゼルス・オリンピック、柔道で山下泰裕、金メダル。

山下泰裕ロサンゼルス

道を極めようとする者の「極み」とは何でしょう?
「柔の道」における極みは、まさしく「一本!!」
投げた方は勝利を確信し、投げられた方は、負けを確信する…「一本」と言う勝利は、
日本生まれの武術であるが故に、日本人として拘って見てしまう勝ち方ですね。

その一本に拘り、試合中の負傷にも関わらず、金メダルを取った男が居ました。
1984年(昭和59年)7月。アメリカのロサンゼルスで開催された
オリンピック種目「柔道無差別級」の山下泰裕さんです。

彼には当時、世界に敵はいませんでした。
対外国人に対して、3引き分けを含む110連勝。
8年間で通算203連勝を達成し、無敗のまま現役生活を終えた、まさに怪物(笑)
道を極めようとする者にとって、最強の姿も「極み」ですね。

表彰台のてっぺんに登り、国歌「君が代」を聞かせてくれると誰もが思っていました。
私も、どこか余裕で、勝利を確信しながら、試合を見ていたのを覚えています。

1回戦、コーリー(セネガル)を、試合開始27秒、大内返しで瞬殺。最先の良いスタート。
2回戦、シュナーベル(西ドイツ)戦も、優勢に試合を進めます。送り襟絞めで勝利。
おやおや…山下選手の様子が何やらおかしい…
右足を引きずる様子に、どよめきが起こります。
準決勝、コロンボ(フランス)戦。なんと、2回戦のシュナーベル戦で、
右足ふくらはぎを負傷し、この試合から、テレビから目が離せなくなりましたね。
軸足の肉離れの影響で、開始30秒で大外刈りによる効果を取られます。
も…もしかして…もしかして、負けちゃう~と、手に汗が滲んできます。
その後、守りに入ったコロンボ選手の隙を見て、大内刈り!!
空かさず、横四方固め!!を繰り出し、合わせ技で逆転勝利~!!



続くは決勝戦。140キロの巨漢、モハメド・ラシュワン(エジプト)です。
山下選手は、その時、「勝利し、表彰台の中央で観客に手を振る自分」と、
「負けてタオルを被り泣く自分」を想像したと言います。

スポーツの「柔道」であるなら、ここで棄権をするのも有りでしょう。
棄権して、銀メダルとなっても、メダリストには変わりがありません。
しかし、柔道は「柔の道」。自分がどんなに不利になろうと、
敵を目の前にし棄権することなく、戦う姿に
「柔道選手」ではなく、「柔道家」の姿を見ましたね。

「柔道で一番大切なのは闘争心」と、自分の心を鼓舞した戦いは、
1分5秒、横四方固めが決まり、ラシュワン選手から一本を取ります。
後にこの試合で、ラシュワン選手が山下選手の痛めた足を攻めなかった事から、
国際フェアプレー賞を獲得し、美談としても有名になりましたね。

しかし、しかしですよ(汗)ラシュワン選手が美談通り、足を攻めていないなら、
山下選手の勝利は希薄なものになってしまいますよ~(汗)
スポーツにフェアプレイは似合いますが、「柔の道」は真剣勝負。
相手の弱みを攻撃してでも勝つのが、道のような気がします。

後日、山下選手は「ケガした右足を気遣って、
右の技をかけなかったというのは事実ではないと語っています。

日頃、試合で喜怒哀楽を表したことのない山下選手が、この試合の勝利ばかりは…
両手を力強く突き上げ、畳から立ち上がるオーバーアクションを見せました。
一本に拘り、無敗で最強を誇った男が、
最大の敵…「自分」に勝利した瞬間だったのかもしれません。。

それもまた「極み」。感極まって、流した涙が忘れられません。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1984年(昭和59年) | 16:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和59年]三菱・ミラージュ「エリマキトカゲ」が走る。

エリマキトカゲ

私は昆虫はイイのですが、トカゲや蛇は、からっきしダメなんです(汗)

子供の頃、トカゲの尻尾が切れ、尻尾だけプルプル動くのを見ながら
大笑いする友達が、どうにも信じられませんでした(汗)
時に下校中の草むらで、最大の敵、蛇に出くわす時があります。
その驚きと来たら、この世の終わりと思うほどですよ。
蛇やトカゲを触っている友達を、気持ち悪いとさえ思いましたね(汗)

1983年(昭和58年)4月から始まった「わくわく動物ランド」は、
関口宏さんの司会で、世界の動物や昆虫を話題したクイズ番組でした。
その番組でお馴染みだったのは、動物学者の千石先生です。
毎回にこやかな顔で、動物や昆虫を紹介する人のイイ先生なんですが、
千石先生…実は、爬虫類・両生類の専門家だったんですね。
グロテスクな爬虫類をいとも簡単に手に持ち、そして、頬ずり…。
そして、にっこりと笑うんです(汗)

その笑顔を見ていると不思議なもので、
蛇やトカゲを触る人を気持ち悪いと思い込んでいた私が、
うわわわ~と目を細めながらも、千石先生のうんちくに耳を傾けているんです。
爬虫類や両生類にも生態があり、生きる知恵があることを
知らず知らずのうちに千石先生は教えてくれたような気がします。


先生は、子供の時、どうして、蛇は気持ち悪いとか恐いとか、
不平等な扱いを受けているんだろう…。と疑問を持ちました。
「無知が偏見を生んでいる!」そのことに気付いた千石少年は、
「正しい知識を皆に伝えたい」と立ち上がり、爬虫類に関する本すらなかった時代に
爬虫類の研究を始め、多くの賞を受賞します。

そして、千石先生が番組で紹介した一匹のトカゲが、
日本中で、大ブームを起こしましたね。



1984年(昭和59年)。三菱のミラージュのCMに起用された「エリマキトカゲ」です。
首のひだを大きく広げて、走る姿が可愛くて、
キャラクターグッズは元より、歌まで作られ、デパート等で展示もされました。
爬虫類がアイドルを越える人気者になったのは
前代未聞ですよ。

爬虫類が気持ち悪いだけの存在ではない事を、このブームは教えてくれました。

しかし…エリマキトカゲがひだを広げるのは、危険を感じて威嚇するポーズです。
可愛いからと、人間の都合でひだを広げさせられたのでは、
エリマキトカゲはストレスを感じて弱ってしまいます。

良かれと思って、みんなにエリマキトカゲを紹介したはずが…
千石先生の意とは違う方向へ、時代は流れてしまったのかもしれませんね。

私は今でも、爬虫類は触れませんが、
醜くて、忌み嫌うような気持ちは無くなりました。

CMで、撮影されたエリマキトカゲは、撮影後に死んだと聞きました。
醜いものがあるとするなら…それは、見掛けて判断する無知な心…
生態や個性を理解せず、利己的に押しつける心のような気がしてなりません。

「生き物の中で、ヒトが一番偉いだなんてとんでもない。」
そう語った千石先生は、2012年2月、癌のためお亡くなりになりました。


fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1984年(昭和59年) | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。