日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和60年]日本電気(NEC)から、名機PC-8801mkIISR発売。

PC88

PCと表記すれば、パーソナルコンピュータの事です。
1960年代、コンピュータは企業や国、複数人が共有する大型の計算機でした。
1972年、パソコンの父と呼ばれたアラン・ケイが、
「個人のための理想のコンピュータ」を意味する
「パーソナルコンピュータ」の言葉を使用し始めます。

1970年代、コンピュータはマイコンと呼ばれていました。
マイコンの「マイ」は、「私の」ではなく、マイクロプロセッサの事。

マイクロプロセッサの登場で、個人でもコンピュータが購入可能になります。

1979年(昭和54年)5月。日本電気(NEC)から、PC-8001発売。
これが、今に脈々と続く、私とコンピュータとの初めての出会いでしたね。
このPC-8001から、マイコンは、
「パーソナルコンピュータ」と呼ばれるようになります。

しかし、出来る事と言えば、計算ぐらいなものです(汗)
漫画ばかり描いていた私にとって、簡単そうなBASICプログラムも難儀の一言(笑)
マイコン雑誌の巻末に掲載されたプログラムを、一行一行、手打ちするのが精一杯。
当時、FD(フロッピーディスク)は高価な代物です。
手打ちしたプログラムを、カセットデコーダーでテープに記録します。
ピーヒョロロ~と待つ事数分。正常にプログラムが走り、
真っ黒なディスプレーに映し出されたモノとは…

漢字は、表示ができません。単なる「■」だの「●」だの、「A」だの「B」だの、
アスキー文字を利用したゲームが、映し出されました(汗)
しかし、その単なるアスキー文字が、妙に想像力を描き立たせるんです。
怪物にも兵器にも見えます。
減り続ける赤い数字が、死を目前にした主人公にも思えます。
コンピュータの未来を感じつつも、どこかまだ、敷居が高いのも事実でした。
パーソナルと呼ばれるほどの手軽感や親近感も、低くかったと思いますね(汗)

1981年。PC-8001の上位機種、NEC PC-8801発売。
1983年。NEC PC-8801mkII発売。FDD・第一水準漢字ROM・単音源搭載。
遂に日本のパーソナルコンピュータが、漢字を手に入れます。



そして、1985年(昭和60年)1月。ゲーム大国日本の礎となる名機が、産声をあげました。
グラフィック機能強化+FM音源を搭載。NEC PC-8801mkIISR発売。
PC-8801mkIISRは、CPU・4MHz。512色の内の8色表示。
FDDの記憶容量も、たったの320KB。0.3MB。
音楽表現を豊かにするFM音源を搭載しましたが、あくまで電子音です。
歌手のボイスを聞くなんて、またのまた夢…(汗)

今の人たちにすれば、ないないづくしで苦笑されてしまうでしょうが、
当時の若者にとって、PC-8801mkIISRは、あるあるづくしなんですよ。
漢字、音源、記録、グラフィック…あって当たり前の機能が、
PC-8801mkIISRの登場で、
やっと個人の手に全て揃ったんです。


アラン・ケイは言いました。PCは「個人のための理想のコンピュータ」であると。
まさにPC-8801mkIISRは、夢と理想のパーソナルコンピュータでしたね。

PC-8801mkIIからFR/MRまでを、武田鉄矢がCMキャラを努め、
FH/MHからFE/MA2/VA2/VA3までを、斉藤由貴がCMキャラを努めます。
ビジネス指向よりも、ホビー指向の強さを前面に出して、若者に大ヒットです。

あのBGMを聞くと、ワクワク・ドキドキと高揚します。
あのラストのグラフィックを見ると、映画同様に心は余韻に包まれます。
あの台詞を読めば、じ~んと涙も溢れてきます。
小説、映画、音楽…が、パーソナルな人生に教訓や感動を与えてきたように
小説、映画、音楽をメディアミックスしたゲームもまた、
人の人生に大きな影響を与える存在となっていきます。


しかし、当時ファミコンは14,800円。PC-8801mkIISRは、258,000円です。
散らかる「現実」の部屋で、「理想」のPCだけが、妙に光り輝いていました(汗)
現実と理想の対比もまた、人生って事でしょうか?

スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1985年(昭和60年) | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和60年]将棋界に「チャイルドブランド」羽生善治四段誕生。

羽生善治

子供の頃、長屋風のアパートに住んでいたことがあります。
長屋と言うのは、妙な物で、近所づきあいが濃厚になるんです(笑)
人間関係を密にしていたのは、狭い路地に置かれた縁台のような気がします。
盆の上に乗せた麦茶も、赤くて瑞々しいスイカも、その縁台にはマッチしていました。
まだ、パジャマなんてハイカラなものを、着てる人は少なかったですね。
近所の爺ちゃんは、いつも白いステテコに腹巻きで、うろうろしていました(笑)
縁台に座ると、よしみのあんちゃんを捉まえては、縁台将棋で盛り上がっています。
そんな、近所でも将棋が強かったその爺ちゃんが、ある日、中学生のお兄ちゃんに負けて、
悔しがっていた姿を時々思い出す事があります。

数倍も年齢を重ねた爺ちゃんが、中学生に負ける。子供心に不思議に思ったものです。
しかし、中学生のお兄ちゃんが、爺ちゃんに勝った必勝法とは…ズバリ定跡でした。

将棋の初手では、動かせる駒は30通りしかありません。
勝負に勝ちたいなら、▲7六歩、▲2六歩の2通り。

プロの世界でも、この2手には▲7六歩が80%。▲2六歩が20%とのデータがあります。
最悪の初手は、谷川九段が▲8六歩、▲7八銀と述べています。
素人が考える最初の一手は、▲7六歩がデータ的に最善の一手となりますね。

定跡とは、様々な歴史や棋譜から研究された
勝つためには、必ず覚えるべき手筋と言えます。
この定跡を、仕事に当てはめれば、ノウハウやセオリーと言えるでしょう。
仕事を早く覚えたければ、先輩や上司の言う事を聞いた方が、
成長は早くなりますよね。
社会に当てはめれば、常識でしょうか?常識ある人は、生き易くもあります。


1985年(昭和60年)12月。プロ棋士になった中学生が誕生しました。羽生善治さんです。
加藤一二三氏、谷川浩司氏に続く、史上3人目の中学生棋士の快挙です。

1983年(昭和58年)、ファミコン発売。
当時、子供たちの間では、ゲームに強い子供は、一目置かれる風潮がありました。
古臭い印象の将棋を、インテリジェンスなゲームと受け取っていたかもしれません。
彼に憧れ、棋士を目指した子供も多く、羽生さん世代を「チャイルドブランド」と呼んで、
大人達は、とこか高をくくっていたように思いますね。
しかし、そんな大人達を撫で切りにし、羽生さんは勝ち続けます。

「定跡というのは、つまり先人の知恵やノウハウの集大成ですよね」
と、羽生さんが問われた時、
「最先端の手法として、現在流行っている手法は、
そうした定跡から見ると邪道という場合も少なくないんです。」と。

従来の形・慣習にとらわれない将棋観こそが、羽生さんの強みだったのでしょう。
まさに、将棋界の超新人類となりました。

1989年。初のタイトル「竜王」獲得。その後、竜王を再び奪取されるものの…
棋王戦・名人戦・棋聖戦・王位戦・王座戦・竜王戦と6冠を勝ち取り、
そして…、1996年2月。迎えた最後の一冠、王将戦…全冠制覇は、まさに目前!!
どんな新手を使い、勝ちを取るのか?固唾を呑んでいましたよ(笑)

そして、超新人類の羽生さんが、最後に繰り出した手は…
将棋に興味を持ち始め小学生の頃、好んで何度も何度も指した「横歩取り」でした。
江戸時代の棋譜にも残されている代表的な定跡のひとつだったのです。

羽生さんは言います。「初心者は、まず真似てみることが大切です」と。
しかし、続けてこう言います。
…そこでとどまってはダメなんですよね。
…「真似」から「理解する」レベルにならなくては
…いけないんです。

…そこまで辿り着けば、先人の教えが「なんだ、そういう意味だったのか」と。

若い頃、意味が分からず、「何でこんな事を」と思ったセオリーや常識は、
知らずの内に自分を成長させていました。
そして、その意味を理解した時…新たな定跡が生まれます。
人生と言う盤面に、最善の一手を打つ事ができるのかもしれません。


fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1985年(昭和60年) | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和60年]ミスしたら終わり。スーパーマリオブラザーズ。

スーパーマリオ

仕事の覚えはじめは、要領も悪く技術も無く、
それほど難しくない仕事も、難儀だったのを覚えています。
下端の簡単な仕事を、オヤジである上司(笑)に、繰返し繰返し指示されました(汗)
ストレスが溜まると、決まって同僚の家で、酒を飲みながらゲームをしましたね。

タタン、タッタ、タッ、タァーン~♪♪

1983年に発売された任天堂ファミリーコンピュータ…略してファミコン。
1985年9月13日発売の「スーパーマリオブラザーズ」で、大ブレークしました(笑)
大魔王クッパに掠われた、キノコ王国のお姫様ピーチ姫を助け出すために、
マリオとルイージの兄弟が、大冒険をするゲームです(笑)

ステージを進めるごとに難易度が上がり、なかなか先へ行けません(汗)
タッ、タッ、タッ、タラララ~♪♪と、マリオはスタート地点へ。
ちょっとしたミスを何度も何度も克服しながら、
クッパの居る城砦に辿り着いた時の喜びは一塩ですよ。




今のゲームなら、どこでもセーブのコンテニューがあります。
今までの道程と時間を無駄にしたくない人には、どこでもセーブは便利です。
しかし、マリオの大冒険には、それがありません。
ミスして落ちたら、オワリ。振り出しに戻るんです。
これが、スーパーマリオブラザーズの緊張感であり、面白さかもしれません。

マリオを開発した宮本茂さんは言います。
…アクションゲームというのは、
…難易度の高いところだけを遊び続けるとしんどいんですよ。
…多少自分が上手にできてしまうところも遊ぶから気持ちがいい。
…だから、途中セーブをいくつもつくるよりも、
…もう1回やさしいところから遊んでもらおうと。

人生、失敗する前にセーブできると良いかもしれませんね。
でも、セーブポイントから、やり直したところで、
それまでの技術・経験は、変わらないまま。
だったら、もう一度勉強をやり直そう~。
面倒に思える簡単なことを何度も何度も繰り返すうち…
人は知らずのうちに成長しているモノです。


16×16のドット絵だったマリオが、
今では「えっ!!こんな姿だったの?」と思えるほどのCGキャラに成長しました。

荒削りだった、ちょび髭オヤジは…(笑)
1本1本を積み重ね、全世界で4,024万本を売り上げました。
「世界一売れたゲーム」として、ギネスブックに登録されています。

そして、あのちょび髭オヤジは、今も多くの人に、
スタート画面に戻る楽しさを教えています。

オヤジに難題を賭けられるのも良いものです(笑)

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1985年(昭和60年) | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和60年]究極の空気抵抗を目差して「スバル・アルシオーネ」

アバンギャルド-アルシオーネ

人には、保守的な考えと革新を目指す心が常に同居しています。
守りに入りすぎた自分の殻を破るために、
新しいことを始めようとするのもそのひとつですね。
しかし、同時に守りながら攻めると言うのは、実に難しい~(汗)

新しい技術や機能が成熟すると、企業・消費者も新たな何かを欲しがります。
この繰り返しを「時代のサイクル」と言うのでしょうか?


成熟しきったバブル経済が崩壊した後の日本は、新たな何か?を模索した時代でした。
90年代半ばから「アバンギャルド」と言う言葉を良く耳にしました。
20年前の言葉だと思うと、ちょっと古臭い死語の臭いがプンプンしませんか?

元々、アバンギャルドは、文化・芸術の世界で、最先端を意味する「前衛芸術」の事です。
時に前衛芸術=アバンギャルドを勘違いして、突拍子も無い事をする人がいますが、
そこに技術や思想の深みが無い場合は、すぐ飽きられてしまいますよね。



1985年6月。富士重工業から「スバル・アルシオーネ」発売。

キャッチコピーは「4WDアヴァンギャルド」

自動車業界は、それまで馬力や最高速度押しのカタログから一変します。
1980年代初頭より、ハイオーナーに人気のある車種販売に力を入れ、
1984年、白の三連星ならぬ、マークII・チェイサー・クレスタの三兄弟の登場で、
一気に「ハイソカー(ハイオーナーカー)ブーム、ここに極まれり!!」です。
豪華なモケット張りの内装とさりげないハイパワー…
4ドアハードトップで、パワステ・AT…もうもう、ラグジュアリーなんです(笑)
街中が白くなるくらい、走っていましたね(汗)
そんな、成熟したハイソカーに一石を投じたのが「スバル・アルシオーネ」です。

まさにアバンギャルドの塊。
居住性を犠牲にしたスタイリッシュなくさび形の2ドアクーペ。
スカイラインGT-R(R32)より先に採用された4WDシステム。
テレビゲームさながらの液晶式デジタル・メーター。
何よりも拘ったのは、空気抵抗値(CD値)です。

車は、馬力とトルクがあれば、速くなると信じていました。
高速で走れば走るほど、必要になるのが空気抵抗値だと
教えてくれたのは、アルシオーネでしたね。

日本車で初めてCD値0.30を突破し、0.29へ。
スーパーカーの代名詞ランボルギーニ・カウンタックが0.45ですから、
アルシオーネのアバンギャルドさが全開です(笑)

しかし、拘れば拘るほど、乗る人を選ぶのは世の常。
ハイソカーの波には勝てず、販売倍数も伸びなかったと言います。

あれから30年近く経った今…
前衛的だったアルシオーネの拘りは死んだのでしょうか?
いやいや、しっかり根付いて成熟の域に達しています。

空気抵抗値を下げることは、低燃費に繋がります。
高速に走るためのCD値から、低燃費で走るためのCD値へ。

ホンダ・インサイトやトヨタ・プリウスに代表するハイブリットカーは0.25の時代へ。

深みのある革新こそ、成熟への礎です。

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1985年(昭和60年) | 15:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[昭和60年]ダダン・ダッダダン。ターミネーター(T-800)

ターミネイター

人生を生きていると、時折分岐点と呼ばれる瞬間に出くわすことがあります。
人生を大きく好転させる瞬間かもしれません。
奈落の底に落ちる瞬間かもしれません。
しかし、時は止めることもできず、決断の瞬間は、おのずとやってきます。
幸か不幸か?その後の人生や如何に…(笑)

人生もし、あの瞬間に別の決断をしていたら…
時計の針を戻すことができたら…どんなに素晴らしいことか?
「IF」を考えることが多いのでは無いでしょうか?


だからこそ、時間を巻き戻し、
もう一度歴史を作るタイムトラベラーものが流行るのでしょう。

ダダン・ダッダダン、ダダン・ダッダダン。



近未来。反乱を起こした人工知能スカイネットが、
反乱軍の指導者ジョン・コナーの母親を殺害するために
ターミネーター(T-800)を過去に送ります。
更に、母親殺害を阻止するために、指導者ジョンは、
自分の父親となるカイル・リースを過去に送ります。
二つの使命が過去で交差する名作映画ですね。

1984年、米国公開。翌年1985年、日本で公開された
アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「ターミネーター」は、
当時としては、破格の低予算で制作された映画でありながら大ヒットしました。

監督を務めたジェームズ・キャメロンは、前作で評論家に酷評を受け、
炎の中からロボットが現れて自分を殺しに来るという悪夢を見て、
本作製作のきっかけになった噂されています(笑)

若い頃は、失敗や後悔も多く、何度も何度もIFを考えたことがあります。

しかし、人生は塞翁が馬。

「白馬から落ち、その時、怪我した事を嘆いた青年も、
戦争に徴収される事無く、余生を静かに暮らした」という例えからも、
失敗と思った目の前の出来事も、未来の成功に繋がる大事な要因です。
成功をしたかに見えても、将来挫折の始まりかもしれません。

失敗も成功も、すべては未来の糧。

I'll be back.(また戻ってくる)

いやいや…時を止められないからこそ、過去に学び、
未来に目を向けていけるのかもしれません。

人生50年生きた今の心境は…「戻ってこなくて良いですから…(笑)」

fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1985年(昭和60年) | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。