日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和51年]はらたいらに3000点。クイズダービーの賭け方。

クイズダービー

酒の席で「人生はギャンブルのごとし」と豪語する人がいます。
ここ一発、人生勝負の時のアドレナリンの高さは、ギャンブル以上かもしれません(笑)
しかし、ゲームならまだしも、人生に負けるなど、きっと誰も望まないはずです。

競馬好きで有名な作家・寺山修司氏は、「遊撃とその誇り」の中で、
「賭博には、人生では決して味わえぬ敗北の味がある。」

と語っています。
ゲームで負けを体験し、人生に「負け」の免疫を付けるのも、いいかもしれませんね(汗)

1976年1月放送開始。大橋巨泉を司会者として始まった「クイズダービー」は、
競馬のテイストを入れながら、ギャンブルのスリルを味わえる番組でした。
競馬馬に見立てた回答者は、個性豊かな人ばかり、
倍率は低いが高い正解率で手堅い、漫画家のはらたいら。
三択の女王の呼ばれた、女優の竹下景子でコツコツ。
トンチンカンな解答をするものの、大穴を狙うなら井森美幸。

誰に賭けるか?何点賭けるか?
まだ、ギャンブルを知らない当時の私は、ギャンブルを疑似体験をしていました。
勝つ者、負ける者…ひきこもごも。
大橋巨泉の絶妙なトークが、笑いを誘い、高視聴率叩きだしていました。

クイズダービーを知っている人なら、一度は口に出した覚えのあるのが、

はらたいらに3000点。

クイズタービーのルールは、3000点の持ち点でスタートします。
「はらたいらに3000点」は、1問目に持ち点全部を賭ける一発勝負の禁断の技です。
負ければ、いきなり0点。次の問題へ繋がらない、収録泣かせの賭け方ですね。
この「はらたいらに3000点」を試みようとした回答者が、
1976年から92年まで、16年続いた中で2人います。
一人はとんねるず。ま、これは、ネタ振りの「はらたいらに3000点」でしょう(笑)
そして、もう一人は、勝新太郎の兄で名優の若山富三郎。
わわわ、その渋さは、まるで賭事師のようです。とても、ネタに思えません(笑)
司会の大橋巨泉から「早く帰ろうと思ってるなぁ!」と返されて、賭け直したとか。

ともかくも、掛け方は人それぞれ。
人生の駆け引きを子供心に垣間見たよう番組でしたね(笑)


クイズダービー

しかし、人生一発大勝負の例えで使われる「はらたいらに3000点」ですが、
実は、倍率の低いはらたいらに賭けても、せいぜい2~3倍ですよね。

とある回で、7問目終了時点で39,000点を持っていた古物商のチームがいました。
最終問題で、手堅いはらたいらを選ばす、最高倍率10倍の関根勤に全部賭けます。

そして名台詞の「倍率ドン! さらに倍!!」
関根勤の倍率はなんと20倍に跳ね上がります。

キターーーーーーーーーーーっ。一気に819,000点!!
は、は、819,000点ですよ。番組史上、最高額を叩き出しました。
人生でこんな勝ち方をしたら、きっと血圧が上がりすぎて、血管が切れてますよ~(汗)

いや~この勝ち方は怖いですよ(汗)勝つのも大事ですが、
負けない事の大事さを痛感します。
スタートは、手堅く、はらたいらに1000点。押さえに竹下景子に500点。
持ち点1500点を残して、次の問題へ。ってのはどうでしょう?

関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1976年(昭和51年) | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/16-26664a93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。