日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和62年]芦毛の怪物。記憶の最強馬オグリキャップは男だよ。

オグリキャップ

サラブレッドとは、勝つために生まれた競走馬のことです。
人の生き方に、「サラブレッド」を当てはめて、表現することがあります。
実績を残すことを宿命づけられたサラブレッドが、
その期待通りの成績を残した時、
「最強」の名を手にするのでしょうか?


じゃ、最強の競馬馬は何?
競馬評論家の井崎脩五郎氏は、「競馬史上最強の馬は、ディープインパクト」であると。
2010年の競馬雑誌「優駿」が行った「未来に語り継ぎたい不滅の名馬たち100」のランキングで、堂々の1位を獲得したのもディープインパクト(2004年-2006年活躍)でした。
無敗の3冠馬と言われた、申し分のないその実績と絶大な強さは、社会現象となり、
競馬を知らない私でさえ、名前を覚えているくらいですから…
華麗にして、天才さを感じますね。

私は、競馬場に足を運んだことも、馬券を買ったこともありません。
そんな競馬を知らない私が。どうしても忘れられない一頭の馬がいます。

私は、営業で、良く岐阜と愛知の県境である木曽川の堤防を走ることがあります。
信号の少ない堤防を通り、岐阜方面へ向かうと、右手に見えてくるのが笠松競馬場です。
地主との兼ね合いでコースの内側には、今も畑が存在してます。
何とも特異で、のどかな光景でしょう。

そんなのどかな地方競馬からデービューしたのが、
後に「芦毛の怪物」と呼ばれたオグリキャップです。

オグリキャップ

彼は、サラブレッドとして生まれながら、致命的な障害を持って生まれてきました。
障害を抱えた仔馬が無事に育って欲しいと、
名付けられた幼名が「ハツラツ」です。

ハツラツは、人なつっこく、調教時も遊ぶ感覚だったと言います。

1987年1月、笠松競馬場の鷲見昌勇厩舎に入厩。名を「オグリキャップ」と変えます。
1987年5月のデビュー戦で2位を飾り、1位・1位・2位。
続く8月からのレースは怒濤の8連勝。
そのハツラツとした強さから、中央競馬への声がかかります。
しかし、馬主の希望はあくまでも「笠松競馬で活躍させてやりたい」と。

このまま、笠松のオグリキャップで終わらせていいんですか?

その一言がオグリキャップを、サラブレッド中のサラブレッドが競い合う
戦いのど真ん中へ押しやります。
地方競馬から出てきた、姿も芦毛のその馬が、ふたつみっつ勝ったところで、
そうそう簡単に力を認めてくれないモノです。時にヒール扱いもあったでしょう。

「白い稲妻」と呼ばれたタマモクロス。
「平成の盾男」と異名を取るイナリワン。
「鹿毛の天才馬」スーパークリーク
地方から出てきた一頭の馬が、ライバルたちと熾烈な戦いを繰り広げます。

どうやらオグリキャップは、
ホンモノの怪物らしい。

そう、誰もが気づいた時には、武豊の人気も重なって、日本中が大ブームとなりました。
競馬場に足を運んだことがない女性たちが、黄色い声を上げていました。
そのブームの過激さは、逆にオグリキャップを戦績不振へと繋げてしまいます。
競馬を知らない取材陣が、ところかまわず、密着取材と称して撮影するんですから、
人より過敏な馬ですよ、ストレスは溜まりますよ~(汗)



1990年5月、安田記念1着。6月、宝塚記念2着。
10月、天皇賞6着。11月ジャパンC11着で惨敗。
戦績が下降する中でむかえた12月の有馬記念は、ラストラン、引退レース。
成績不振にも関わらず、引退レースに多くのファンが中山競馬場に詰めかけました。
私も、テレビを見ていました。自分の意志で見る初めての競馬中継でした。
オグリキャップの最後の勇姿を看取るつもりのそのレースは、
一生、忘れられないレースとなりましたね。

ハツラツと呼ばれた仔馬が、「芦毛の怪物」として、ラストランをウィニングゴール!!。
「オグリ!オグリ!!」と鳴り止まぬ観客の歓声の中、走り抜ける一頭の馬に涙が出ましたよ。
馬券は買っていません。だから、擦った儲けたの感情は、そこにありません。
ただ、ただ…「男だよ。あんたは」と。

勝つために生まれた競走馬をサラブレッドと言うなら、
残した戦績で、ディープインパクトにオグリキャップは、
足元にも及ばないのかもしれません。
しかし、人の心に残した感動と勇気を考えれば、
オグリキャップもまた最強の名馬です。


1991年1月、笠松競馬場で引退式が行われました。
人口2万3千人の笠松町に、人口を上回る4万人の人たちが集まりました。

関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1987年(昭和62年) | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/18-bd90ff8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。