日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和27年]ジャパン!ジャパン!メイドインジャパンは奇跡。

メイドインジャパン

今から10年前、何をしていましたか?

2002年の時、地元の岐阜を離れて、石川県金沢市で、デザインの自営をしていました。
IT・WEBが社会を大きく変える途上でしたね。

自分は、1961年生まれです。生まれる10年前、日本はどんな時代だったのでしょう。

1951年。そこは、日本で有りながら日本ではありません。
1945年に敗戦を迎え、戦勝国である連合国が、日本を統治をしていました。

所謂、GHQです。日本の国旗を振ることが許されない時代です。
敗戦から7年、1952年。
サンフランシスコ平和条約(1951年9月署名)が発効され、日本に主権が戻ります。

この歴史を、当然自分が肌で感じることはありません。
生まれる10年も前の話です。いや、たった10年前の話です。
主権を取り戻した日本は、怒濤の快進撃を始めます。
「東洋の奇跡」と呼ばれた日本は、経済大国に至ります。
両親や祖父母…多くの日本人がしゃにむに頑張った結果の奇跡だと思います。

近代日本史。自分の生きた時代を振り返れば振り返るほど、
日本の短所も長所も大好きになっていくのが分かるんです。

正しい歴史を学ぶことは、正しい未来を作ること。
そう思えてなりません。

しかし、昨今、隣国、韓国・中国の新聞メディアから
不条理な情報を耳にすると、居た堪れない。
日本の文化や技術が、伝承や交流、提携や協力と入ったまっとうな方法ではない…
捏造や虚偽、模造や偽造で手にした文化や技術に何の意味があるのだろう?

自分は絵を描きます。真似る行為が、絵の技術を高める事は知っています。
しかし、真似た絵をオリジナルと言う神経は持ち合わせていません。
いくら絵の技術が高くても、それは贋作としか呼ばれません。
オリジナルを作り出す事がどれほど大切か?
デザインの現場に入るからこそ、痛烈に感じますね。

真似る事から始めた新生日本は、たゆまぬ努力と汗をかきながら、
「東洋の奇跡」を生みました。
その奇跡は、単なる数字ではなく、
日本オリジナルを生み出して来た奇跡だと思うのです。

GHQの時代、日本で作られた製品は
Made in Occupied Japan(占領下日本製)の刻印がされていました。

日本で製造されただけの意味を持つ刻印ではなく、
日本の技術で、日本の技術者や職人がオリジナルを作り出す奇跡…

それこそ…Made in Japanです。





関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 戦中・戦後の時代 | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/19-4bfa25f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。