日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和50年]おはよう720で、ビューティフル・サンデー。

田中星児

恥ずかしい話、歳を取ると世界を広げるのは難しいモノです。
利点であるはずの経験や知識が、知らない世界への扉を閉ざしてしまいます。
しかし、子供の頃はその世界が、自分の意志とは関係無く接してきますね。
時にオドオドしたり、ワクワクしたものです。

小学校から中学校に進学すると、世界は変わります。
町内から校区へ。親としか行ったことがない見知らぬ隣町から
今まで接した事のない個性や容姿を持った子供が集まってきます。
小学校の頃とは勝手が違う、中学と言う世界を知って、
実は楽しいと思いましたよ。


1975年(昭和50年)9月。TBS系列で朝の情報番組「おはよう720」スタート。
番組コーナーの「キャラバンII」では、リスボンから東京70,000kmと題して、
車に乗り、ユーラシア大陸を横断する企画が放送されました。
授業で習う世界史や世界地理に出てくるような風景写真やデータではなく、
レポーターと現地の人々が触れあう「生の世界」がそこにありました。
インターネットの無い時代です。
自分が生きている今この瞬間に、世界の多くの人々が、
同じように生活している事をまざまざと知りましたね。




番組が始まる3年前、1972年に発売され、
瞬く間に世界のチャートを駆け巡った曲があります。
イギリス人のダニエル・ブーンが作詞作曲したこの歌を、
当時の日本人は知りません。知らぬ世界の事でした(汗)あはは。

リスボンから出発したキャラバン隊は、冷戦の象徴と言われた
分裂時代の東西ドイツに入ります。
この頃から流れ始めたのが、そう…「ビューティフル・サンデー」です。

ハイウェイを快走する時、悪路を走る時…。
当時の世界経済情勢からみて、貧しい身なりの子供たちが遊んでいるバックで、
「ビューティフル・サンデー」が流れていました。
例え貧しそうに見えても、笑う子供たちの笑顔は
朝の光のようにキラキラと輝いて、心の裕福さを感じました。


…さわやかな日曜 降りそそぐ太陽
…ヘイヘイヘイ イツア ビューティフル・デー
…出かけよう彼方(かなた)へ 歌おう高らかに
…ヘイヘイヘイ イツア ビューティフル・デー

ちょっと脳天気で弾けた感じの曲ですが、
世界を知る事は、決して恥ずかしい事じゃない。
もっと肩の力を抜いて行こうよ!!きっと素晴らしい サンデーが待ってるよ。
と、教えてくれているようです。

番組のエンディングで、見城美枝子さんや田中星児さんが
満面の笑顔で手を振り、こう背中を押してくれました。

「今日もお元気で、いってらっしゃい!」と。
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1975年(昭和50年) | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/28-74b5135b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。