日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和36年]もっとも若き合衆国大統領ジョン・F・ケネディ誕生。

ジョン・F・ケネディ

昔、絵を描くために練習で、たくさんのデッサンしました。
クロッキー帳にデッサンをしながら、思う事は、モノには、常に光と影があることですね。
光が強ければ、おのずと、その影を鉛筆で塗りつぶす事になります。

1961年は、私がこの世に生まれた年です。
当然記憶はありませんが、私の目に「この世」の光を感じ始めた瞬間です。
同年、アメリカで強き光が誕生しました。合衆国の歴史上、
もっとも若き43歳の第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディです。

大統領就任式の就任演説は、今の混沌とした日本で、
心に刻まなければならない言葉だと思いますね。

祖国があなたに何をしてくれるかを
尋ねてはなりません。
あなたが祖国のために何をできるか考えて欲しい。


暴政・貧困・疾病・戦争・人種差別…混沌した時代に、
その強き光でグイグイ引っ張っていきます。
掲げたアポロ計画は、人を宇宙という新たなフロンティアの光へ導いてくれました。

光は強ければ強いほど、その陰は暗黒となります。
大統領就任から2年後、1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ暗殺。

子供の頃、「ケネディ暗殺の真実」的な番組が多く流されました。
繰り返されるケネディ暗殺の映像…
その番組を見ながら思いましたよ。
未来に光しか見なかった子供が、人生には陰もあるという事実を。


ケネディjr

国葬の折り、父の棺に敬礼をするケネディjrの姿が忘れられません。
jrは1960年生まれ、同世代です。
大人になることが、少し寂しいとさえ思いましたね。

暗殺後のアメリカはまだまだ混沌しています。
ベトナム戦争、黒人差別・マフィア撲滅…
不思議なもので、陰が暗くなればなるほど、光は現れるモノです。
ジョン・F・ケネディの実弟ロバート・F・ケネディが、兄の意志を継ぎ、大統領選への出馬。
しかし、またも悲劇が…。大統領選最中の1968年6月、暗殺されます。

テレビは「ケネディ暗殺の真実」から「ケネディ家の悪夢」的な番組へと変わります。
どうなってんだよ~この世の中、おかしいんじゃないの~。
こうなったら、子供心にトラウマですよね(汗)

ケネディ家は、人種差別問題に積極的でした。
ロバート・F・ケネディが暗殺されたこの年、ベトナム戦争を嘆き…
平和な世界を夢見て1曲の歌が光をかざしました。
ルイ・アームストロングが歌うWhat a Wonderful World(この素晴らしき世界)です。



I hear babies cry, I watch them grow
私は赤ん坊が泣くのを聞いたり、成長してゆくのを見ています。
They'll learn much more than I'll ever know
彼らは私よりも遥かに多くのことを学び、知ってゆくでしょう。
And I think to myself, what a wonderful world
そして、私は心の中で思っています。何と素晴らしい世界。
Yes, I think to myself, what a wonderful world
ええ、私は心の中で願っています。何と素晴らしい世界なんでしょう。

この曲が、トラウマを持ちそうな子供にまた、光を教えてくれました。

自ら目を閉じ、自らの手で目を覆わない限り、常に光は消えないこと…を。

関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1961年(昭和36年) | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/3-a9ef06aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。