日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和56年]竹の子族でE気持ち。ホコ天は僕らの天国。

竹の子族

7日ある一週間の内、2日も休むなんて…
週休2日制の職場が、馴染めません。
バブル景気が押し寄せる時期に、広告の世界に入りました。
景気が良いと広告は、必然的にその量を増します。納期を守るために、土日もありません。
量もさる事ながら、新米の私は手が遅く、やたら徹夜が続きましたね。
自営を始めた頃は、その日の生活費を稼ぐために
休むゆとりも無く働いていた…いや、動いていたように思います(汗)
貧乏性と言いますか?あはは(笑)
でもねぇ~そんな自分を嫌いじゃありませんよ。


子供の頃、学校は土曜日も授業がありました。
詰め込み教育と呼ばれた時代です。今の子供たちと比べると、
日本全体の勉強時間は多かったように思います。
だからかもしれません。休んで立ち止まることができないんです(汗)

そんな状況を過酷に感じ堪えきれなくなった10代の若者たちが、
1980年(昭和55年)初め、現実逃避をするかのように
原宿の歩行者天国に集まり始めました。
常識外れの赤青黄色・ピンク…ど派手な衣装を身にまとい、
持参したラジカセからは大音量のディスコサウンド。
ステップダンスを踊る少女少年たちを、
大人たちは、あきれ顔で「竹の子族」と呼んでいましたね。




1981年(昭和56年)3月。竹の子族として活動していた
沖田浩之が「E気持」でデビュー。
「3年B組金八先生」にも出演し、俳優としても人気がありました。

…常識なんてぶっとばせ
…仲間同志さ手を貸すぜ
…大人は昔の自分を忘れてしまう生きものさ
…ついてこいよ ついてこいよ
…ABC ABC ハーン E気持

大人は昔の自分を忘れてしまう生きものさ。

1955年。石原慎太郎の小説「太陽の季節」に由来した
サングラスにアロハシャツ、髪は慎太郎カットの「太陽族」が流行。
1964年。頭にハンカチを巻き、ロングスカート。
腰から長いリボンを垂らして、銀座みゆき通りに集まった「みゆき族」が流行。

昔の自分を忘れてないか~大人たち??
と、歌が叫んでいますね(笑)

詰め込み教育の反省から、ゆとり教育へ。
子供は、今土曜日をしっかり休んでいます。
週休二日の会社は、好印象を持たれます。

忘れてないかぁ~大人たち!!
子供の頃、土曜日が半日授業でも、残りの半日が充実していました。
会社が土曜日出勤でも、自分を磨く時間が増えて満足感がありました。

時間がゆとりを与える訳じゃない…
充実と自信がゆとりを与えてくれるような気がします。

関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1981年(昭和56年) | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/30-cacb48fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。