日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和54年]オリビア・ハッセーと「君は薔薇より美しい」

オリビアハッセー

越えられない壁と言うものは、人の心を暗い闇の中に閉じ込めます。
もがけばもがくほど…心は不安に取り憑かれ、
自分さえも否定する羽目になるものです


高校生になり、時代の流行を追う毎日を過ごす中で、先生は、
「テレビ・漫画ばかり見ず、たまには文豪と呼ばれる本を読め」と言います。
「何のために学校に図書館があると思っているんだ。」とまで言います(笑)

「なんで、授業と関係ない本を押しつけるんだ」
「図書館を作ってくれと、頼んだ覚えはない」と、
心の中で先生に反抗していましたね(汗)
難しい心理描写や情景を、難しい漢字使いと格闘しながら読むのは辛いものです。
その苦手意識が仇となり、壁となって立ちふさがります。
壁の前で地団駄を踏んでいるのは、結局のところ自分のせいであって、
先生のせいでも、学校のせいでもありません。
先生は、出来る可能性を信じて、
ほんの少しアドバイスしただけの事です。


ヘミングウェイ…トルストイ…ドストエフスキー…
悪気が無いと分かっていても、先生~いきなり「世界の文豪」は、壁が高すぎますよ(汗)
「だったら、あらすじと人が書いた感想文でも読んみろ」と先生。
なるほど~「これだったら、30分でできそう~」ニコッと笑う自分が居ましたよ。

1968年(昭和43年)3月。世界の文豪ランキングの上位を飾るシェイクスピアの
「ロミオとジュリエット」が、イギリスとイタリアの合作で映画化されました。



1979年(昭和54年)1月、「ロミオとジュリエット」に出演したヒロインが、
カネボウ化粧品CMに出演し、そのCM曲と共に話題になりましたね。
ジュリエットを演じたオリビア・ハッセーと布施明が歌う「君は薔薇より美しい」です。

ジュリエットを演じた時のあどけなさは消え、CMのオリビアは、美しかった~。
その好奇心が、「ロミオとジュリエット」に触れるきっかけにもなりました。

どんな理由にせよ。小さなきっかけで、
壁を少し…よじ登る事ができるなら
こんな素晴らしい一歩はありません。
愛しのジュリエットは、すぐそこです。


…目にみえない翼ひろげて
…確かに君は変った
…歩くほどに踊るほどに
…ふざけながら じらしながら

目に見えないような半歩の歩みでも、
踏み出そうとした人の顔からは、笑顔はこぼれるものです。

その笑顔を見た人は、きっと「薔薇より美しい」と思うに違いありません。

ああ 君は変った~♪と、
心配してくれたあの人が…喜んでくれますよ。


関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1979年(昭和54年) | 15:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/41-09c53a43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。