日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和28年]こどもの心。サンテグジュペリ「星の王子さま」

星の王子さま

ショッピングセンターやデパートで、子供の絵が展示されています。
子供の描いた絵を見る度に、いつも感心しますよ。
配色や構図に、知識や技術があるワケではありません。
大胆のようで…繊細のようで…奔放?爛漫?とでも言うのでしょうか?

良く広告の世界では、イラストレーターが子供の絵を真似して
クレヨン画のようなビジュアル表現をすることがあります。
どことなく、構図がしっかりしていたり、配色が絶妙だったり、
手慣れた技術と知識が、チラチラ垣間見えてきます(汗)
広告であれ、テレビであれ、子供というキーワードを、
宣伝目的に使うのは、実に大人な考え方ですね。

20世紀の巨匠、パブロ・ピカソは晩年、
「長くかかったが、やっと子供のような絵を描けるようになった」
「こども」の心に辿り着いた心の内を、そう言葉に残しています。

誰もを魅了する「こども」の心とは…どんなものでしょう?

1953年(昭和28年)3月。岩波書店から、1冊のファンタジーが発刊されました。
アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ作「星の王子さま」です。
1943年にアメリカで出版されたその本は、1億部以上出版され、
今もなお、世界の人々に愛され続けています。



サンテグジュベリにとって「星の王子さま」は、
自分の心の中にいる「こども」がテーマです。
普遍的な子供のイメージを、大人の「こども」に呼び掛けています。

…大人は、誰も、はじめは子どもだった。
…(しかし、そのことを忘れずにいる大人は、いくらもいない。)
と、作品の冒頭で語っています。
子供の心を失ってしまった大人に向けた1冊の本でした。

更に、「ものは心で見る。肝心なことは目では見えない。」の言葉は、
あまりにも有名な一節ですね。

「こども」の心とは、カタチでしか見ない…カタチに拘る大人には、
見えないものなのかもしれません。


物語の中……「ぼく」はある日、小さな星からやってきた王子と出会います。

王子さまが暮らしていたのは、一つの家ぐらいの小さな星でした。
バオバブの木は、成長すると王子の星を覆い尽くしてしまいます。
毎日毎日、自分の星を点検し、薔薇の木とバオバブの木を見分けては、駆除しています。
日没になると夕陽を眺めます。
小さな星だから、いつも腰掛けている椅子を少しずらしただけで、
夕陽を追うことができました。
ある日、王子は、一日に44回も夕陽を眺めました。
「そんなに夕陽を見るなんて、寂しかったんだね。」とぼくは言いました。
王子は…何も言いませんでした。

夕暮れって、子供心に寂しい思いをしたものです。
大人になった今でも、夕暮れを見ると、センチな気分になります。
心の「こども」がそうさせるのでしょうか?

夕暮れは、「こども」の心の扉を開く、鍵のように思えてなりません。


関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 戦中・戦後の時代 | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/49-bf5f2008

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。