日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和48年]力と技の風車が回る「仮面ライダーV3」

仮面ライダーV3

1971年から放送された仮面ライダー1号2号の活躍は、
その人気の高さに支えられて、2年の長きに渡り放送されました。

撮影中のバイク事故により、本郷猛役の藤岡弘さんに変わって登場した
一文字隼人役の佐々木剛さんは、2号ライダー役でありながら
二輪バイクの免許が無かったと言います(汗)
本郷猛ライダーがバイクに乗ったまま、ベルトの風車を回すのに対して、
佐々木剛ライダーは、バイクに乗らず、
「変身~!!」と叫んでジャンプする事で
ベルトの風車を回すスタイルを確立しました。

このスタイルこそ、仮面ライダーの代名詞「変身!!トーーー!!」です。
免許を持っていなかった事が幸いしたエピソードですね。

いつの頃からか、元科学者の設定と藤岡弘さんのスマートさもあってか、
「技の1号」と呼ばれ、自力で風車を回し、力強い変身ポーズから
「力の2号」の呼ばれるようになりました。

事故の怪我から復帰した本郷猛ライダーは、
肩から2本のストライプをあしらい、新ライダーとして復帰します。
1号2号が揃ったダブルライダーの登場は、
まさに夢の競演…狂喜乱舞でしたよ。


さてさて、この怪物番組を越えられるものはいるのでしょうか?



…赤い 赤い 赤い仮面のVスリー
…ダブルタイフーン 命のベルト
…力と技の風車が回る(主題歌歌詞より)

1973年(昭和48年)2月。直接的な続編として「仮面ライダーV3」放送開始。
ショッカーによる改造ではなく、1号2号ライダーの手によって
改造された仮面ライダーV3は、
力と技を併せ持つライダーとして誕生します。
変身ベルトも「ダブルタイフーン」のいいとこ取り。


登場する怪人と言えば…
●ハサミ+ジャガーで、ハサミジャガー。
●カメ+バズーカで、カメバズーカ。
●テレビ+バエで、テレビバエ。
●ハンマー+クラゲで、ハンマークラゲ。
●ナイフ+アルマジロで、ナイフアルマジロ。

昆虫や爬虫類、動物単体をモチーフにした怪人が登場する前回と比べ、
V3に登場する怪人のコンセプトは、動物+機械。
異なるものを組み合わせることで、その造形は輝きを放ちます。
実際、番組を観ていた子供達の目は輝いていましたね(笑)

更に、V3のカラーリングは、緑に赤。補色を利用した色の際だちは、
子供の目に強烈な印象を与えます。
そして忘れてはならないのが、「V3」と叫ぶ時です。
淡々と言葉通り「ブイスリー」と叫んではいけません。

「ブイ・スリャァァァァァァァァ」です(笑)

ココ間違えると、友達から笑われます。あはは。
語尾をシャウトすると事で生まれたインパクトは、
未だに脳裏に焼き付いています。
もう何から何までが、ダブルの怪物級。熱い熱い、濃い濃い…。
シリーズ最高視聴率の38%を記録し、その記録はいまだに破られていません。

仮面ライダーを1号2号と見続け、そして3年目のV3…。
3年…3年とは、子供が熱にうなされ、燃え尽きるのに十分な時間ですね(汗)
そして、V3の最終回…。
首領を倒した風見志郎は1人バイクを駆って、夕陽の中へ…

「目的を果たした改造人間・風見志郎は
今一人、何処ともなく去り行こうとしている。」
と、ナレーションは締めくくられます…。

少年は、仮面ライダーに憧れ、仮面ライダーを見て、少し大人になりました。

…仮面ライダー~…ありがとう。と言わずにいられません。

関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1973年(昭和48年) | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/58-291c5cb9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。