日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[平成05年]ウーピー・ゴールドバーグの「天使にラブ・ソングを」

天使にラブソング

仏語には、「六識」という言葉があります。
目で見ることで、色や形を識別する眼識。耳で聞くことで、声や音を識別する耳識。
鼻で嗅ぐことで、匂いを識別する鼻識。舌でモノの食感や味を識別する舌識。
手や身体で触れることで識別する身識。
人間が本来備わっている五つの識は、五感とも呼ばれ、
五感によって、考え思うことを意識と言うそうです。


学校で学ぶことは、子供が将来、生きていくための基盤を作ります。
目で見て感じて、絵や彫刻をつくる「美術」
曲を聴き、曲を奏で、歌を歌う「音楽」
身体を動かし、時に身体をぶつけ合う「体育」
みんなで、食を楽しむ「給食」の時間も、五感を高める立派な授業ですね。
五感は、本来人間が元々持ってる力ですから、個人差があり、得手不得手もあります。
それを補うのが、経験であり技術なのでしょうが、
私の場合は、小さな頃から漫画ばかり書いて、美術はいいのですが、音楽はダメ。
音痴のせいで、カラオケで歌うのも苦手の有様です(汗)あはは。

いつの頃からか…日本が、高度成長を始めた頃からでしょうか?
五感を高める事よりも、勉強の出来る子が、
人として優等生として見られる学歴社会が始まりましたね。


仏教では、五感を高め、思い描いた行動が善行を成す時「善知識」と言います。
知識とは、人として重ねるものであり、ただ蓄えるものではないようです。

そんな、ただ蓄える事に固執した教育からは、
蓄えるの事が苦手な子供達が、必然と「落ちこぼれ」と呼ばれるようになります。



1993年(平成5年)4月。アメリカ映画「天使にラブ・ソングを」日本公開。
ギャングの愛人で、しがないクラブ歌手・デロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)は、
事件に巻き込まれたあげく、警察に保護されて、修道院に匿われる事になります。
尼僧として、堅苦しい生活に辟易しながらも、任された仕事は、聖歌隊の教育でした。

お世辞にも、上手いとは言えないその聖歌隊に、最初は戸惑いながらも、
厳格な修道院長の高圧的な態度にもめげず、聖歌隊は成長していきます。
その楽しい歌声は、落ちこぼれの少年少女達を無意識に教会へ導きます。
押しつけたところで、行くはずもない子供達を、教会に向かわせた力こそ「歌」でした。

落ちこぼれのクラブ歌手・デロリス…おちこぼれだった聖歌隊…そして子供達…。
「天使にラブ・ソングを…」の天使とは、
そんな落ちこぼれた人たちように思えてなりません。


落ちこぼれと決めつけるのは、きっと人です。
神の前では全てが天使なんだよ。と映画が問いかけてきます。

そして、映画のラスト…聖歌隊が歌う「I Will Follow Him 」を聴きながら
法王は、天使たちに大きな拍手で祝福し、映画は終わります。

学歴だけが人の価値を決める基準じゃない。
もともと、備わった五感のどれかに幸せを導き出せれば。
それが人として生きる糧となります。

あなたにとってのラブ・ソングは何ですか?

勉強嫌いで親を困らせた私は、今、デザインという世界で生活をしています。
私にとっての「ラブ・ソング」は、きっと、絵だったんですね。


関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1990年代(平成元年以降) | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/61-715eb2a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。