日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和53年]爽快!!アラベスクの「ハロー・ミスター・モンキー」

アラベスク

高校の卒業を間近に向える頃、誰もが自動車学校に通います。
昭和55年4月。私は高校を卒業し、普通自動車の免許を取得しました。
父親から、半ば強引に譲ってもらったのは、トヨタ・カリーナの4ドアセダン。
スポーツタイプのクーペではないけれど、
自分が免許を取るまでは、マイカーとして後部座席に乗っていた車です。
今日から、運転席に乗るんだと思うと、その四角張ったカタチもどこかしっくり来ます。

165の標準タイアを195に履き替え…ホイールはアドバン。
フロントグリルを黒のスプレーで塗り潰すと、
大人しく感じていたセダンも、どこか内に秘めた獰猛さが伺えて、
惚れ惚れしてきます(笑)
当時の若者は、誰もが自分の車を自画自賛していたように思いますね。
恋人とまではいいませんが、車を単なる移動の道具ではなく、
自分の居場所のような愛着を持っていました


当然、居場所となれば、自分のライフスタイルが車内に反映されます。
バイクを同時に持っていた事もあって、後部座席には、
レプリカカラーのヘルメットが置かれていました。
外から車内を覗けば、ちょっと走り屋な感じがするでしょ(笑)

気が付くと…部屋に居る時間より、車に乗ってる時間の方が長くなっていました。
ライフスタイルの中でも、大きなウェイトを占める音楽も
必然的に車の中で聴く事が多くなります。




1978年(昭和53年)4月。免許を取る2年前。
冷戦時代の西ドイツからアラベスク (Arabesque)が、
「ハロー・ミスター・モンキー」をひっさげて日本に上陸!!
世界的なディスコブームも理由の一つでしょうが、
アイドル歌謡が全盛の時代から、国内の音楽は徐々に変わり始めていました。
ゴダイゴが歌う「モンキー・マジック」や「ガンダーラ」がヒットし、
原田真二や八神純子、久保田早紀等々が、ニューミュージックと呼ばれて台頭します。
どこかオシャレで都会的な曲が、若者の心を掴み始めていました。

そして、テンポの良いダンスミュージックは、小音で聴いても意味がありません。
部屋の中でガンガン聴けば、親や近所の目の敵にされます。
ガンガン聴くなら、そう、車の中でしょう~(笑)

車内の狭さに不釣り合いな大音量のカースピーカーから…
大ヒットばく進中のアラベスクの曲が流れれば、もう気分は爽快!!

免許を取った1980年に発売された「恋のペントハウス」を何度も聴きました。
CDやダウンロードの今の時代では、死語になりましたが、
カセットテープの時代だからこそ例えられる…

擦りきれるまで、聴きましたよ。

そして、車だけに、もう~もう~乗り乗りで!!(笑)

関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1978年(昭和53年) | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/63-b0f44e6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。