日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和52年]謎の未確認動物・UMA「ネス湖のネッシー」の真実。

ネッシー

織田信長の居城・岐阜城が見下ろす川の流れは、長良川。
鵜飼いで有名な長良川を下流に下るとそこにUMAは存在します。
UMAとは、Unidentified Mysterious Animalの略で、一般には「謎の未確認動物」の事。
1986年(昭和61年)6月10日。川へ泳ぎに行った教員2人が、その長良川で
体長2mにも及ぶ、巨大なエイのような動物を目撃したと言います(汗)
地元、岐阜県羽島市の地名から「ハッシー」と呼ばれ、
地元の新聞で、ちょっとした話題になりましたね。
長く住んでいますが、謎が多いんですねぇ~(笑)

未確認動物の存在は、中世の海図に良く登場します。
船に纏わり付くクラーケンは大蛸。体長100mに及ぶシー・サーペントは、海蛇。
その真実は、分かりませんが、海には、航海を妨げる魔物が沢山棲んでいたようです。

そんな未確認動物が、1960年代・70年代に日本でブームとなります。
伝説や伝承の中にしか居ないと思われていた怪物たちが、
テレビや新聞から、目撃情報や物的情報として報道され始めたのです。

●ヒマラヤの雪男イエティ(Yeti)
●アメリカ・カナダのロッキー山脈棲む猿人、ビッグフット(bigfoot)
●南米の吸血UMA・チュパカブラ(Chupacabra)
は、誰でも、その名を耳にしたことでしょう。
日本では、昔から知られていた河童やツチノコが有名です。

UMAの代名詞と言えば、もちろんあの「ネス湖のネッシー」です。
1934年4月、早朝…とある外科医が、ネス湖で1枚の写真を撮ります。
その写真には、首長竜を思わせる長い首が、はっきりと写っていました。
ネッシーの代表的写真として知られたこの1枚の写真は、
これから先、何十年にも及ぶネッシー論争を巻き起こす事になります。


「ネッシー発見!!」と、題されたテレビ番組が放送されていましたねぇ~(汗)
結局、何が動いてそうなったのか、不自然な波を最後に見せられて
2時間、視聴者をぴっぱるテレビ局もどうかと思いますけど…ね(笑)

1977年(昭和52年)4月25日、午前10時40分。
「大洋漁業のトロール船・瑞洋丸が、謎の生物の死骸を引き揚げた!!」
と、大ニュースが飛び込んできました。
その腐乱した死骸の姿は、まさにネッシーそのものです。

ニューネッシーと呼ばれたその死骸は、その場で、海に廃棄されますが、
身体の一部が船員の機転で残され、科学者の手に委ねられる事になります。
調査の結果は、「ウバザメ」に近い生物であると…。
1993年11月。UMAの火付け役となった外科医の写真が、
捏造であったことを、その死の直前に告白して、世界に衝撃が走りました。

あああ~あの、踊らされたUMAブーム何だったんでしょうか?(汗)
真実と言うのは、寂しくて、残酷なものです。

科学者にとっては、真実を突き止めることが浪漫かもしれませんが…
庶民にとっては、謎は謎のままの方が浪漫のような気がします。


今、テレビのバラエティーを見ると…
「何?この謎の宇宙人?」と思えるようなタレントが、人気を博しています。

ふむふむ、UMAブームは、しっかり続いています(笑)

関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1977年(昭和52年) | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/64-5b0939db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。