日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和45年]パーソナリティ・城達也の「JET STREAM」

日本航空

中学校の修学旅行で、初めてその白い巨体を見ました。
尾翼にペイントされた赤い鶴のマークが、「世界」へ繋がる扉に見えたのを覚えています。
ボーイング747。「ジャンボジェット」の愛称で呼ばれたその機体は、
1970年に就航したばかりの最新鋭旅客機です。
ミニチュア・プラモデル・おもちゃ…飛行機と言えば「ジャンボ」と言うぐらい
当時の子供達にとっては、頭がぷっくり膨らんだあの飛行機に
愛着と憧れを持っていたんじゃないでしょうか?

GHQによる航空禁止令が全面解除されてから14年。
日本人は、空を自由に飛べるようになりました。と同時に、力を付けた経済力で、
空を飛んだその先に、海外を感じるようになりましたね。
とりわけ、大量に運べるジャンボの、ハワイ・ホノルル就航開始が、
日本人をハワイ好きにしたのかもしれません(笑)


1970年(昭和45年)4月。3年余りの試験放送を経て、開局したばかりの
エフエム東京(TOKYO FM)で、ラジオ番組「JET STREAM」放送開始。
初代パーソナリティは、城達也さん。
スポンサーはもちろん赤い鶴のマークの日本航空です。

深夜、今のようにテレビは、夜中中流れている時代ではありません。
テレビも一家に一台の時代です。深夜0時を回って、起きていようものなら、
親に「いつまで起きてるの~」と怒られたものです(汗)
こっそり灯したライトスタンドだけが、唯一部屋の明かりです。
古ぼけたラジオのスイッチを、ガチャと押すと…
日付が変わると同時に、ジェット機の音が流れてきます。
それが、城達也さんの「JET STREAM」でした。




…遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の闇に心を休める時、
…はるか雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、
…弛みない宇宙の営みを告げています。

…満点の星をいただく、はてしない光の海を、
…ゆたかに流れゆく風に、心を開けば、
…きらめく星座の物語も聞こえてくる、
…夜の静寂(しじま)の、なんと饒舌なことでしょうか。

…光と影の境に消えていった、
…はるかな地平線も瞼(まぶた)に浮かんでまいります。

…日本航空があなたにお送りする音楽の定期便、
…ジェットストリーム~
…皆様の夜間飛行のお供を致しますパイロットは、私、城達也です。

海外旅行が、日本人の夢のひとつになり始めた時代に、
城達也さんの甘く囁く声と、放送作家・堀内茂男さんの名散文詩は、
海外への旅愁を感じさせてくれましたね。

夜の静寂(しじま)の、なんと饒舌なことでしょうか。

当時、学生だった私にとって、夜の静寂(しじま)とは、
漠然とした将来の夢や憧れが、静かに深く…定まっていく時間だったと思います。
静寂(しじま)とは、人が成長する上で、とても大切な時間のようですね。

関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1970年(昭和45年) | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/68-814bb4a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。