日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和57年]夏のカネボウ化粧品、山下久美子の「赤道小町ドキッ!」

赤道小町

食べ合わせが悪いと言われているモノがあります(笑)
代表的なモノに鰻と梅干し。実は、根拠が無いことだと知りました(汗)
胃酸を分泌させ、食欲の増す高価な鰻を、贅沢への戒めとした言葉だとか。

逆に、組み合わせの良いモノがあります。
骨を丈夫にしたいなら、カルシウムですが、ビタミンDと一緒に接収することで、
カルシウムの吸収力を上げることができます。
若返りのビタミンと言われるEは、ビタミンCと合わせることで、
その持続時間が長くなると言います。

人も同じだと思うことがたくさんありますね。
仕事・家庭・趣味…一人で楽しむ時間も大事ですが、人と交わることで、
より充実した時間を得る事ができます。
ライバルの出現は、新しい発見や新たな方向性を教えてくれるものです。

人は、「組み合わせ」を善し悪しで判断するだけではなく、
時に…奇想天外な組み合わせを試みて、意外性を楽しむことがあります。
80年代前半の日本はまさに、感性を刺激する意外性が、
人を楽しませた時代だったのかもしれません。
「意外性」は、マーケティングの浸透と共に、CMを通して表現されました(笑)
とりわけ、70年代後半から激化した、化粧品のキャンペーン合戦は、
絢爛豪華さで、日本のCM史上に残る戦いを見せてくれましたね。




1982年(昭和57年)夏キャンペーン。
●カネボウ…赤道小町ドキッ!。by山下久美子
●資生堂…ナツダカラ、コウナッタ。by矢沢永吉
●コーセー化粧品…ドキドキ・サマーガール。byタケカワユキヒデ

コピーライティング的には、「赤道小町ドキッ!」は絶品ですね(笑)
「南国」よりも熱く感じる「赤道」の言葉に、
「女」より、しとやかで艶やかな意味を持つ日本的な「小町」の組み合わせは、
本当に「ドキッ」としました(笑)


その年、資生堂・春のキャンペーンでは…
意外なミュージシャンの組み合わせが話題になりました。
●カネボウ…浮気なパレットキャット。byハウンドドッグ
●資生堂…い・け・な・いルージュマジック。by忌野清志郎&坂本龍一
●コーセー化粧品…色つき女でいてくれよ。byザ・タイガース

忌野清志郎と坂本龍一のカップリングに、日本中が驚いたんじゃないでしょうか?
秋のキャンペーンには、漫才師として人気絶頂だったビートたけしが、
「OK!マリアンヌ」を歌い、コーセー化粧品からCMが流されました。
意外さを通り過ぎて、聴き惚れるその歌に、も~感服です(汗)

翌年、1983年(昭和58年)の夏キャンペーンは、まさに圧巻!!
ビッグタイトルが、がっぷり四つに組んで、CM戦争、ここに極まれり!!
●カネボウ…君に、胸キュン。byYMO
●資生堂…め組のひと。byラッツ&スター
●コーセー化粧品…夏女ソニア。byもんたよしのり&大橋純子

組み合わせとは、足し算ではなく、常に掛け算…。
掛け合わされた膨大な組み合わせの中から見つけるからこそ、ドキッ!!とします。
ほんの一握りの「ドキッ」を見つける事は、本当に至難の業です。

至難の「ドキッ」×至難の「ドキッ」で、更にドキドキ生きたいモノです(笑)

関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1982年(昭和57年) | 13:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/71-94bf6a1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。