日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和51年]乾くのは何?内山田洋とクール・ファイブ「東京砂漠」

東京砂漠

岐阜県には、海がありませんが、良質の水量をたたえる3本の川が流れています。
長良川・木曽川・揖斐川です。猛暑が続き、他県の水不足のニュースを聞きつつも、
その水量の恵みのお陰で、渇水と言う経験はありません。
水が、あることが当たり前のように、子供の頃、暮らしてましたね。

70年代後半に差し掛かる日本は、戦後の高度成長も一段落し、安定期に入ります。
1968年(昭和43年)には、西ドイツを抜いて、
GNPで世界第2位の国になっていました。

しかし、人口の多い日本にとっては、世界第2位の数字も、実感は薄かったと思いますが、
敗戦後の混迷と低迷を思えば、幸せですよね(笑)

1973年(昭和48年)から、田中角栄が打ち上げた日本列島改造ブーム。
生活に便利な商品や娯楽を、どんどん手にするようになりました。
しかし…物質を謳歌する日本人は、
どこか背伸びをしすぎていたかもしれません。
何か?大切なモノを忘れかけ始めていました。

翌年、1974年、オイルショックの影響で物価指数は23%上昇。異常な高騰を見せます。
しかし、物欲や娯楽を作り出し、提供し続ける事は、経済の本質です。

物質の大切さは分かっていますが、物質には、常に影は付きもの…
豊かさの象徴と言われた自動車の影は…毎年1万が死亡する「交通戦争」へ。
学力が向上する影で、若者のやり切れなさは、バイクによる暴走族の台頭へ。
夢の海外旅行の影で、日本人男性によるアジア諸国への買春旅行へ。
そして、物質経済の象徴、東京の影は…



1976年(昭和51年)5月。内山田洋とクール・ファイブ「東京砂漠」発売。
「欽ちゃんのドンとやってみよう!」で、とぼけた笑いを振りまいていた前川清さんを、
小さな子供たちは、きっとコメディアンと思っていたでしょうね(汗)
前川清さんは演歌歌手です。ニューミュージックの台頭で
廃れつつある演歌歌謡の中、この曲のヒットは、奇跡だったかもしれません。

「東京砂漠」とは、元々1964年(昭和39年)に発生した
東京大渇水の際に生まれた言葉です。
明治14年以来という猛暑を記録し、空前の水不足となりました。
約3か月続いたその状態を「東京砂漠」と表現したわけです。

…空が哭(な)いてる、煤(すす)け汚されて
…ひとはやさしさを、どこに棄(す)ててきたの

…だけどわたしは、好きよこの都会(まち)が
…肩を寄せあえる、あなた、あなたがいる
…あなたの傍で、ああ、暮らせるならば
…つらくはないわ、この東京砂漠

「東京砂漠」は…物質に取り憑かれ、人間関係の希薄さを感じつつ…
困難に満ちた東京で、出会った男女の愛を表現しました。
忘れかけていた何かを思い起こさせて、ヒットしたのかもしれません。

あって当たり前と、軽く思った水は、
無ければ、命に関わる大切な水でした。


3年後、1979年(昭和54年)5月の総理府「国民生活に関する世論調査」で、
「まだまだ、物質的な面で生活を豊かにすることに重きをおきたい」…40.3%
「物質的にある程度豊かになったので、これからは心の豊かさや
ゆとりのある生活をすることに重きをおきたい」…40.9%
物の豊かさよりも、心の豊かさが大事と、初めて統計上を上回りました。

水のように、潤いのある心を大切にしたいですね。

「日本の心」と言われた演歌ですが、歳をとると、何故かしっくりきます~(照)

関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1976年(昭和51年) | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/72-95af8e03

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。