日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和54年]宮崎美子「今の君は ピカピカに光って」ミノルタX-7。

ミノルタX-7

小学校の帰り道、小さな商店街の露地裏に、レンズ工場がありました。
傷や規格外で除外された不良レンズが、工場の片隅に山と積まれています。
友達のお父さんがそこに勤めていたこともあり、
時々、工場の敷地内にこっそり入っては、キラキラ光るレンズを物色したモノです(汗)
厚みの違う凸レンズ、瓶の底より凹んだレンズ…
レンズ越しに見た世界は、まさに別世界です。
子供だった私の目も、きっとキラキラしていたに違いありません。
「好きなのがあったら、持って行って良いぞ。ただし…
太陽だけは、見ちゃいかん。その約束が守れるなら、持って行け!!」
子供にとって、ビー玉も含めガラスと言うのは、
どこか不思議な世界への入り口だった気がしますね。


レンズはカメラの命。その光学技術の高さ故、日本は世界シェアを握っています。
しかし、元々カメラやレンズのような光学技術は、ヨーロッパ諸国の方が最先端です。
ライカ・ハッセル…レンズで言えばツアイス等、日本より優れたメーカーは存在します。
なのに何故、日本のシェアが上なのか?
特にドイツ製のカメラを愛したのは、プロのカメラマンたちです。
高性能を追求した結果として、価格が跳ね上がっても、プロには需要はあります。
日本製の優れているところは、品質を高次元で保ちつつ、精密な量産技術で、
プロ以外の多くの人々に、カメラを提供し続けた事でしょう。




1979年(昭和54年)3月。ミノルタX-7発売。
プロ専用機のような一眼レフカメラが、手に届く価格で発売されました。
1980年から放送された宮崎美子さんのCM「今の君は ピカピカに光って」は、
今の時代にパロディーにされる程のヒットCMとなりましたね。
キャッチコピーは「音楽を楽しむように撮ろう。」です。

同時期、オリンパスからは、高級機OMシリーズの廉価版OM-10発売。
タレントは、当時人気だった大場久美子を起用。キャッチコピーは…
「ク、クミコちゃん。キミが好きだと言うかわりに、僕がシャッターを押した。」
ペンタックスMV1発売。「シャッターの音が、僕たちの言葉だ。」
ニコンEM発売。キャノンAV-1発売。まさに1979年、1980年は、
小難しい一眼レフのイメージを払拭させるようなCMが、乱発されました。
そのお陰で、にわかカメラマンも増えたんじゃないでしょうか?(汗)

しかし…撮りたいものを見つけられない人に、
一眼レフカメラは、ちょっと時代が早すぎたかもしれません。

あれから、30数年。日本のカメラ・光学技術は、
レンズのように磨きをかけ続け、
更に電子技術の武器を手に入れて進化を続けます。

今や携帯・スマートフォンには、当たり前のようにカメラが付いています。
いつでもどこでも、手軽にカシャ!!そして、BLOGにアップ。

撮る事が、身近になった今だからこそ…
「音楽を楽しむように撮ろう。」のキャッチコピーが、現実的となり、
心に響くようになったと思いませんか?

子供の頃、覗いたレンズの世界は、不思議な世界でした。
しかし今、そのレンズは、私の目の前にあります。
眼鏡となって、現実の世界をくっきり見せてくれています(笑)

と、言いたいところなんですが…
人間本来が持ってる裸眼レンズが、ここのところ、どうも調子が悪いんです。
調整が利きづらくなってます…うぅぅ~老眼ですよね(汗)



関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1979年(昭和54年) | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/74-c512ef9c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。