日本大好き、昭和大好き。麦の子ブログ。

[昭和レトロ記事満載!!]生まれた日本、育った昭和の時代を見詰めた自分探しの旅へ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[昭和60年]日本電気(NEC)から、名機PC-8801mkIISR発売。

PC88

PCと表記すれば、パーソナルコンピュータの事です。
1960年代、コンピュータは企業や国、複数人が共有する大型の計算機でした。
1972年、パソコンの父と呼ばれたアラン・ケイが、
「個人のための理想のコンピュータ」を意味する
「パーソナルコンピュータ」の言葉を使用し始めます。

1970年代、コンピュータはマイコンと呼ばれていました。
マイコンの「マイ」は、「私の」ではなく、マイクロプロセッサの事。

マイクロプロセッサの登場で、個人でもコンピュータが購入可能になります。

1979年(昭和54年)5月。日本電気(NEC)から、PC-8001発売。
これが、今に脈々と続く、私とコンピュータとの初めての出会いでしたね。
このPC-8001から、マイコンは、
「パーソナルコンピュータ」と呼ばれるようになります。

しかし、出来る事と言えば、計算ぐらいなものです(汗)
漫画ばかり描いていた私にとって、簡単そうなBASICプログラムも難儀の一言(笑)
マイコン雑誌の巻末に掲載されたプログラムを、一行一行、手打ちするのが精一杯。
当時、FD(フロッピーディスク)は高価な代物です。
手打ちしたプログラムを、カセットデコーダーでテープに記録します。
ピーヒョロロ~と待つ事数分。正常にプログラムが走り、
真っ黒なディスプレーに映し出されたモノとは…

漢字は、表示ができません。単なる「■」だの「●」だの、「A」だの「B」だの、
アスキー文字を利用したゲームが、映し出されました(汗)
しかし、その単なるアスキー文字が、妙に想像力を描き立たせるんです。
怪物にも兵器にも見えます。
減り続ける赤い数字が、死を目前にした主人公にも思えます。
コンピュータの未来を感じつつも、どこかまだ、敷居が高いのも事実でした。
パーソナルと呼ばれるほどの手軽感や親近感も、低くかったと思いますね(汗)

1981年。PC-8001の上位機種、NEC PC-8801発売。
1983年。NEC PC-8801mkII発売。FDD・第一水準漢字ROM・単音源搭載。
遂に日本のパーソナルコンピュータが、漢字を手に入れます。



そして、1985年(昭和60年)1月。ゲーム大国日本の礎となる名機が、産声をあげました。
グラフィック機能強化+FM音源を搭載。NEC PC-8801mkIISR発売。
PC-8801mkIISRは、CPU・4MHz。512色の内の8色表示。
FDDの記憶容量も、たったの320KB。0.3MB。
音楽表現を豊かにするFM音源を搭載しましたが、あくまで電子音です。
歌手のボイスを聞くなんて、またのまた夢…(汗)

今の人たちにすれば、ないないづくしで苦笑されてしまうでしょうが、
当時の若者にとって、PC-8801mkIISRは、あるあるづくしなんですよ。
漢字、音源、記録、グラフィック…あって当たり前の機能が、
PC-8801mkIISRの登場で、
やっと個人の手に全て揃ったんです。


アラン・ケイは言いました。PCは「個人のための理想のコンピュータ」であると。
まさにPC-8801mkIISRは、夢と理想のパーソナルコンピュータでしたね。

PC-8801mkIIからFR/MRまでを、武田鉄矢がCMキャラを努め、
FH/MHからFE/MA2/VA2/VA3までを、斉藤由貴がCMキャラを努めます。
ビジネス指向よりも、ホビー指向の強さを前面に出して、若者に大ヒットです。

あのBGMを聞くと、ワクワク・ドキドキと高揚します。
あのラストのグラフィックを見ると、映画同様に心は余韻に包まれます。
あの台詞を読めば、じ~んと涙も溢れてきます。
小説、映画、音楽…が、パーソナルな人生に教訓や感動を与えてきたように
小説、映画、音楽をメディアミックスしたゲームもまた、
人の人生に大きな影響を与える存在となっていきます。


しかし、当時ファミコンは14,800円。PC-8801mkIISRは、258,000円です。
散らかる「現実」の部屋で、「理想」のPCだけが、妙に光り輝いていました(汗)
現実と理想の対比もまた、人生って事でしょうか?

関連記事
スポンサーサイト
fujisan.co.jpへ  ●にほんブログ村 BLOGランキングに参加しています。
 ●人気ブログランキングに参加しています。

| 1985年(昭和60年) | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kittomuginoko.blog.fc2.com/tb.php/76-fccb4e6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。